マンション管理の東洋グリーン建物株式会社
東洋グリーン建物株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目17番41号 赤坂アネックス3F TEL:03-6862-7511
お問い合わせ
トップページへ戻る  

東洋グリーンのサービス   マンション管理の知識   マンションの住環境   生活カレンダー


  生活カレンダートップページへ戻る 直前の部分へ戻る

家の遊び

坊主めくり

 

坊主めくりは百人一首の絵札だけを使ったゲームです。単純なのにおもしろい。百人一首に初めて触れる人には、もってこいの遊びです。

 

遊び方

 

絵札100枚をよく切って絵を下向きにそろえてきちんと積み上げる。
参加者はそれを丸く囲んで座り、順番に一枚ずつめくって札を取っていく。
取った札は自分のものになるが、坊主をめくってしまうと、集めた札を全部中央に供出しなくてはならない。
姫札をめくったときは、そこに供出されている札を全部とることができる。
姫札をめくっても供出札がすくないときはがっかりというわけ。
いい具合にたくさん溜まっているときに姫札を引けばたくさん札を手にすることができる。
最後の一枚をめくり終わるとゲーム終了で、その時点で一番枚数を持っている人が勝ち。

 


それぞれの家伝来のルール

 

昔の筆者の家では、姫札ルールではなく、「縞台ルール」でした。
姫札も殿札もめくったらそれを自分のものにすることができる。
坊主札をめくったら全部供出。
そして、7枚しかない「縞台」をめくったときだけ、中央に供出された札を全部取ることができる。「縞台」とは院や帝が縞模様縁がついた畳の上に座っている帝札のこと。(もしかしたらこれを「しまだい」と呼んでいたのは我が家だけ?)
時折、一番下の兄が持ち出す「蝉丸方式」というのもありました。蝉丸だけは坊主なのに坊主札扱いではなく、許されるというものです。





 

坊主めくりには、どこにも厳密なルールなどないようです。参加人数によってその時の顔ぶれによって、チャンスがたびたび来る姫札ルールにしたり、ギャンブル性の強い縞台方式にしたりするとよいでしょう。ちなみに坊主札は100枚中13枚です。





(ライター・高森千保)