マンション管理の東洋グリーン建物株式会社
東洋グリーン建物株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目17番41号 赤坂アネックス3F TEL:03-6862-7511
お問い合わせ
トップページへ戻る  

東洋グリーンのサービス   マンション管理の知識   マンションの住環境   生活カレンダー


  生活カレンダートップページへ戻る 直前の部分へ戻る

食のヒント

お弁当でぜい沢

 

「お弁当」と聞くとなんだかウキウキしませんか? おにぎりも弁当も手軽にコンビニエンスストアでいつでも買える時代だからこそ、手作りをして飛び切りぜい沢な気分を味わいましょう。持って出かける行き先は、ドライブでも、近くの公園でも。自宅のベランダで食べるのでも、ピクニック気分でおすすめです。

 


 

「手作り弁当」といっても大げさなものではなく、いつものメニューや冷蔵庫にあるものを詰め合わせればOK! 詰める容器は弁当箱のほか、ケーキやお菓子の空き箱が使えます。紙製なら内側にアルミホイルやワックスペーパーを敷きます。

 


 

温かいご飯をそのまま詰めると、水滴で水っぽくなり暑い時期には腐敗の原因にもなるので、必ず冷ましてから詰めます。素麺などの入っていた木箱のふたに、薄く平らに広げて冷ますと、余分な水分を吸い取り、おひつに移したご飯のようにおいしくなります。ご飯がおいしいとお弁当はいっそうおいしく感じられます。この板を一枚用意しておくと握りたてのおにぎりを冷ましたり、サンドイッチのパンを広げたりとお弁当作りに重宝です。なければ平らなお皿で代用します。

 


 

お弁当の感動や華やぎは、ふたを開けた瞬間です。おいしそうに見えるポイントはカラフルな色なので、同じ色の料理が重ならないように、違う色のものを並べていきます。それでも茶色のものが多くなるので、赤(人参や赤ピーマン)緑(青菜やインゲン)黒(キクラゲやヒジキ)などのものを目立つように上に置きます。このひと手間で、グッとおいしそうに見えます。さらに大きいものは食べやすいように一口大に切り分けておきます。詰める順序は、ご飯→形の大きいおかず→隙間に小さいおかず、が便利です。

 


(料理人見習:小野絢子)