マンション管理の東洋グリーン建物株式会社
東洋グリーン建物株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目17番41号 赤坂アネックス3F TEL:03-6862-7511
お問い合わせ
トップページへ戻る  

東洋グリーンのサービス   マンション管理の知識   マンションの住環境   生活カレンダー


  生活カレンダートップページへ戻る 直前の部分へ戻る

食のヒント

食材を長持ちさせる保存法

 

食材や野菜をどう保存していますか? 適した温度や湿度を保てるように工夫すれば、無駄なく、おいしく食べられる期間が長くなります。

 


カットしてあるものは冷蔵庫に保存し早めに使う
 

肉や魚はもちろん、野菜類の場合は切って売っているもの(大根、かぼちゃ、スイカやメロンなど)は冷蔵します。スーパーで冷蔵棚で売られているもの(もやしや大葉など)も冷蔵保存が適当です。

 


野菜は育った状態で保存すると長持ちする
 

ジャガイモ、サトイモなどイモ類、ごぼう、大根など、土がついているものは、新聞紙に包むかダンボールに入れ、直射日光の当たらないベランダか室内に置く。洗ってあるものは、新聞紙やラップ、保存袋で冷蔵します。
ホウレンソウや小松菜などの葉物や、アスパラやネギなどは、濡らしたキッチンペーパーでくるみ、保存袋かポリ袋に入れ、冷蔵庫に立てて保存。丸のままの白菜は新聞紙にくるみ、室内で立てて保存します。

 


暑い地域が原産のものは室温で
 

トマトやなす、バナナやキウイフルーツなど暑い地域が原産のものは冷温に弱いので、室温で。包装してあるトレーやラップをはずして保存します。

●季節の一皿「大学いも」
油が冷たいうちにサツマイモを入れるのがポイント。意外に簡単にできるので、唐揚げやフライを揚げる前におすすめ。「食べすぎ注意」のおいしさです。

[材料]
サツマイモ 中1本
たれ(砂糖 大さじ4、水 大さじ2、しょう油 小さじ1)

[作り方]
・サツマイモは大き目の一口大に切り、冷たい揚げ油に入れ、弱めの中火にかける。
・テフロンのフライパンにたれの材料を入れ、弱火で半量まで煮詰める。
・油の温度を強火にし、サツマイモの表面がかたくなるまで揚げる。
・油分をきったサツマイモをフライパンに入れ、ゴムベラでたれをからめる。
 ゆるければ、強火で煮詰める。水あめや蜂蜜を加えるとよりおいしい。
・黒ゴマをふってできあがり。

 


  今が旬!  
 

ホウレン草など、冬の野菜がだんだんおいしくなってきます。
また、夏に収穫されたかぼちゃやさつまいもが、甘みを増します。
レンコン、りんご、鮭、イワシ、スルメイカなども。

 


(料理人見習:小野絢子)