マンション管理の東洋グリーン建物株式会社
東洋グリーン建物株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目17番41号 赤坂アネックス3F TEL:03-6862-7511
お問い合わせ
トップページへ戻る  

東洋グリーンのサービス   マンション管理の知識   マンションの住環境   生活カレンダー


  生活カレンダートップページへ戻る 直前の部分へ戻る

花の基本

花を活ける前に

 

花を活けるとき、まず覚えておきたいのは、「茎は斜めに切ること」と「余分な葉は取り除くこと」の二つ。
そして、花瓶の大きさに応じて、1本を切り分けて使います。
花は、ていねいに素早く、愛情をもって接すると、長くきれいに咲いて応えてくれます。

 


 

茎を切る基本は斜めにスパッと。断面積を大きくして水の吸い上げをよくします。バラやガーベラなどほとんどの花が斜め切りで大丈夫ですが、枝物(えだもの)といわれる木や茎が硬いものは、ハサミの持ち手を使って、繊維がほぐれるように叩きます。
またスプレーマムなど菊の仲間は金属を嫌うので、手で折ると適度に繊維がばらけて、ちょうどよくなります。

 


 

花瓶の中で水にひたる葉はすべて、取り除きます。そのとき、茎の付け根からていねいに取ります。硬いものはハサミで切り取ります。思い切って葉を落とすことになりますが、このひと手間をかけておくと、余分な養分を取られず、水も腐りにくく、花が長持ちします。

 


 

1本にたくさんの花がつくトルコキキョウやカーネーションなどは、花瓶の高さに合わせた長さに切り分けます。枝がでている根元で、大きな茎を付けて切り分けると、水上げがよいです。手のひらを広げて、長さの目安とするといいでしょう。

 

(ライフスタイリスト:廣石貴子)