マンション管理の東洋グリーン建物株式会社
東洋グリーン建物株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目17番41号 赤坂アネックス3F TEL:03-6862-7511
お問い合わせ
トップページへ戻る  

東洋グリーンのサービス   マンション管理の知識   マンションの住環境   生活カレンダー


  生活カレンダートップページへ戻る 直前の部分へ戻る

収納と整理

調理器具を整理してお料理上手に

 

スッキリと片付いたキッチンは、見た目のきれいさはもちろん、何よりも使いやすいものです。ところが実際には、モノがあふれている、いざ使おうとすると取り出しにくい、しまおうとしても場所が…という声をよく聞きます。戸棚の中は余り使わないモノが詰まっていて、いつも使うモノが表に出ていて片付かないという状況を、この際解決しましょう。気持ちよく片付いたキッチンでお料理の腕を振るうシーンを描いて…。

 


 

ちょっと便利そうとか、可愛いからなど、いつの間にか増えてしまった調理器具や食器類。引き出物も困った存在です。収納の悩みを解決するには、発想の転換を図ることが必要です。収納とは食器棚を買い換えるとか、きれいに棚の中に並べるなどといった見た目のことでなく、それぞれのモノの使いやすさを考えることなのです。簡単にいえば、収納のコツは持ちモノを少なくすること。毎日頻繁に使うものがサッと取り出しやすいというのが、本来の収納です。収納場所には限りがありますから、自分の生活パターンに合わせて、必要なモノをセレクトすることから、かしこい収納が始まります。
重くて使いにくいお鍋や、柄がいまいちの小鉢、景品でもらったコップなどが戸棚の中に大切にしまい込まれていませんか?そこで1週間くらいの間、自分がどんなモノをよく使ったかをチェックしてみてください。

 


 
使えないもの=柄がぐらついているお鍋、テフロンがはげかけているフライパン…
使いにくいもの=重い鍋、大きい土鍋、切れ味のよくない包丁…
使いたくないもの=引き出物の花柄のポット、保温プレート…
使わなくなったもの=ミキサー、餅つき機、コーヒーミル…
幾つも重なった器具=いろいろな大きさの調理ボール、フライ替えし、密閉容器…

なんて無駄な!と思いますが、キッチンを見回して、こんなモノがひとつもない方はいないでしょう。取りあえずしまっておいてもきっと何の役にもたたない上に、狭いキッチンをさらに狭くしていることを考えたらこの際、頑張って処分しましょう。ダンボールなどを用意して戸棚から出し、リサイクルに、また壊れたモノはすぐ修理を、さらに不燃ゴミの日に合わせてきちんと出すなどします。これだけでも随分スッキリするはずです。

 


 

整理の後、さらに自分が使いこなせる量を決めます。
器具も道具も種類、大きさ、数量は一人一人違います。自分に合った量が適量としかいえません。ただ1週間くらいどんなものをよく使うかをチェックして、自分の使える適量を考えることをおすすめします。器具類は少ないくらいのほうが片付けやすいはずです。余分だな、と思ったら、使いやすい量を残して処分しましょう。

 


 

収納のテクニックといえるところです。お鍋やフライパンはコンロの近く、ボールやザルは流しのそば、といった『どこ』に収納するか、それぞれの収納場所を決めます。そして次はどんな形で収納するかといった点です。重ねたり奥の方は取り出しにくいので、使う頻度と相談して決めます。モノの整理ができていたら、ここからはきっと楽に決められるはずです。

 


 

包丁や栓抜き、密閉容器、布巾…、すべて引き出しの決まったところに入れます。
家族みんなが使うのでモノの場所を決めておけばだれもが分かるというわけです。子どもが小さい時からの習慣で包丁類も引き出しの中です。

 
 

あまり上手ではないのですが、時々お菓子を作りたくなります。娘にも楽しんで欲しいので、道具や型などが増えてしまいます。このような趣味の道具はひとまとめにして、大きなストッカーに入れて、引き出して使えるようにしています。

 

(生活情報ライター:関美枝子)