マンション管理の東洋グリーン建物株式会社
東洋グリーン建物株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目17番41号 赤坂アネックス3F TEL:03-6862-7511
お問い合わせ
トップページへ戻る  

東洋グリーンのサービス   マンション管理の知識   マンションの住環境   生活カレンダー


  生活カレンダートップページへ戻る 直前の部分へ戻る

収納と整理

靴の収納はどうしてますか

 

靴の数はいつの間にか増えてしまうものなのかもしれません。そんなに多くないと思っていても、靴入れから出してみると随分な数ではありませんか。全部をきちんと収納するスペースは難しいことが多くて、押し込めていたものもあるでしょう。年に1回くらいは、手持ちの靴を分類して、家族それぞれが、どんな用途の靴をどれだけ持っているのかをチェックし、靴入れの中を整理してみましょう。無駄なものや履けないものを大事に箱に入れておいても邪魔なだけです。2年以上履いていないものは、思い切って処分してしまいましょう。

 


 

@毎日の通勤、通学などに履いているもの

A日常靴の履き替え用や、予備として用意しているもの

B冠婚葬祭用のきちんとしたもの

C買い物や遊びなどお出かけ用のもの

Dスポーツなど特別の時のためのもの

E和装用の草履や下駄

Fブーツやサンダル、ミュールなど、季節が限られるもの

 


  @これはいつもすぐ履けるようにしておきたいですが、玄関に家族みんなの靴が出たままというのは何ともすっきりしません。きちんと脇に寄せておくか、靴入れの一番出し入れしやすい場所に収納できるスペースを確保します。

A雨でぬらしたり、履き替えが欲しい時に慌てなくていいように、できたら用意しておきたいものです。収納は、棚の奥で大丈夫。ただし忘れないように。

Bいざというときのためにどうしても必要です。出先で脱ぐこともあります。きちんとした履きやすい1足をきちんと用意しておきます。型崩れしないように箱に入れ、棚の奥に収納しておきます。時に出して、手入れをしておくことを忘れずに。

Cこれはそれぞれお好みですが、収納スペースを考えてむやみに増やさないこと。1足買ったら1足処分するというのが基本です。

D使った後、風を通すなど、後始末を大切に。

E着物と同様、履き終わった後の手入れが必要です。きちんと汚れをとって収納を。

F長く収納する場合はクリームを塗り、型崩れを防いでしまっておきます。
 


 

・いらないものが処分できたら、スペース的には随分楽になるはずです。押し込めていた分を重ねずに、出し入れのしやすさをポイントに収納します。

・どの箱にどの靴が入っているか、出掛けの急いでいる時に焦らなくていいように、靴箱に中が分かるように、絵を描いたり、デジカメ写真を貼っておくのも手です。

・履く機会が少ない、和装用の草履や下駄は、靴入れでなく、まとめて違う場所に収納しておく方法もお勧めです。毎日の他の靴の出し入れが楽になりますから。

・季節の限られるものも靴入れのスペースが少なければ、場所を変えた収納を考えましょう。特にブーツなどは型崩れしないように箱に入れてベッドの下などにおきます。

・あまり履かないうちに小さくなった子供の靴や、買ったけど気に入らないものなどまだ履けるものは、友人にプレゼントするとか、ガレージセールなど、できるだけゴミにしない処分を考えます。

 


(生活情報ライター:関美枝子)