マンション管理の東洋グリーン建物株式会社
東洋グリーン建物株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目17番41号 赤坂アネックス3F TEL:03-6862-7511
お問い合わせ
トップページへ戻る  

東洋グリーンのサービス   マンション管理の知識   マンションの住環境   生活カレンダー


  生活カレンダートップページへ戻る 直前の部分へ戻る

花を飾る

トロピカルフラワーを豪快に

 

暑い夏は、切花にとって厳しい季節。しかしもともと暑い国に生まれた熱帯の花にとっては太陽がうれしく、いきいきと長持ちします(直射日光は避けて飾りましょう)。華やかな色の花を1本でも、活けるとスタイリッシュな部屋のアクセントになります。個性的な花器にもよく合う。

 


 

アンセリウムはトロピカルフラワーの代表的な花(100円〜300円)。色は赤、白、緑やミックス。形は丸いハート型、とがったハート型、サイズも大きいもの、小さいもの、といろいろ。この色と形をいかして、そのままグラスにさすだけで絵になるのがうれしい。また、部屋の観葉植物やベランダから切った一枝と組み合わせてもおもしろい。大きな葉を好みの形に切って組み合わせても印象的。

 


  葉の先が開くヘレコニア(200〜350円)。さらに冠鳥のように大きい花のストレチア。丈の長さをいかして、数本まとめてリビングや玄関の床に直接置くと涼しそう。大きな葉は茎から静かにはがし、適当な長さに調節して、花と一緒に飾ります。濃いグリーンがよいアクセントになります。
また、いろいろなランの種類を合わせて飾ると豪華です。バンダやデンファレなど(100円〜300円)個性や色の強いものも、同じ仲間同士ならうまくまとまります。ガラスの花器がよく合うので、とても夏向きです。
 



  リューカデンロンやクイーンイエロー、ピンクッションなど、かさかさしたした感じのものは、雨の少ない南半球やオーストラリアが原産のもの。蒸れに弱いので、水は少なめ、風通しよくゆったり花器にさして。これらは、熱帯性のトロピカルな感じのものと組み合わせても独特な質感がマッチする。  


(ライフスタイリスト:廣石貴子)