マンション管理の東洋グリーン建物株式会社
東洋グリーン建物株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目17番41号 赤坂アネックス3F TEL:03-6862-7511
お問い合わせ
トップページへ戻る  

東洋グリーンのサービス   マンション管理の知識   マンションの住環境   生活カレンダー


  生活カレンダートップページへ戻る 直前の部分へ戻る

洗濯

ブラウスの洗濯

 

装いにブラウスが映える春。お洗濯も楽しい季節です。ブラウスのように肌に直接触れるものはたびたび洗いたくなるので、できれば家で洗濯したいですね。ブラウスの洗濯について素材別にご案内します。

 



 

ブラウスの洗濯の前に、ブラウスに付く汚れの種類を研究しておきましょう。
汚れはおよそ3つのタイプに分けられます。
1つは汗です。汗と一緒に分泌される塩分などが汚れとなったものは水溶性なので、水洗いで落ちます。
もう1つは身体から分泌される皮脂の汚れです。洗剤を使うのは、この汚れを取るためです。
最後に泥や油煙のようなくっついた汚れもあります。これは水にも油にも溶けないので時間をかけて洗うなり、こするなりの手当てが必要です。
なお、洗濯屋さんのドライクリーニングでは水は使わないので、水溶性の汚れは特殊な洗剤を使って落とします。

 


 

洗濯する前に、ブラウスに付いている取扱表示マークを必ず確認します。
そこを見ると記号で、洗濯機で洗えるのか、漂白剤は使えるのか、ドライクリーニングするものなのかなどが表示されています。

  (例)
60度までの水を使って洗濯機で洗濯ができる。
洗濯機では洗えない。30度までの水で手洗いできる。
ドライクリーニングができる。
塩素漂白剤による漂白はできない。
アイロンは180〜210度の高温が適する。
 


 

木綿はよく汗を吸い、濡れても強い繊維です。洗濯や漂白にも強いので、弱アルカリ洗剤または中性洗剤を使います。衿や袖口に汚れが目立つ場合は、洗剤を付けてブラシでこすりますが、あまりゴシゴシこすると早く擦り切れるので要注意。
木綿のブラウスは洗濯するとシワになるので、洗った後の脱水はごく軽く。手洗いの場合もねじって絞るより軽く脱水するほうがよいでしょう。干す時はよく振って衿や前立てをピンピンと引っ張って干します。
乾いたら、スプレーのりを吹き付けて高温でアイロン掛けをします。アイロンは、前を少し浮かせ気味にして、一方向にゆっくり一度だけ掛けるつもりで使います。何度も行ったり来たりするとアイロンじわができます。また、アイロンを持たないほうの手で、布をピッと引っ張って掛けます。

 


 

軽くてしなやかな絹のブラウスは、着心地のよさとファッション性で男性女性を問わず人気があります。欠点は摩擦に弱いことなので、中性洗剤を使用し、軽く手洗いします。汚れのひどい箇所は軽くつまみ洗いします。静電気を帯びやすいので最後に柔軟剤を使います。柔軟剤の中に少量の化学のりを混ぜると、ほどよいハリとツヤがでます。アイロン掛けは高温で。

 

 

丈夫でシワになりにくい、しかもプリントがきれい。ポリエステルはとても便利な繊維です。静電気を起して汚れを吸着しやすいので、ネットに入れて手洗いする方法がオススメです。仕上げには柔軟剤を使います。極少量の化学のりを使ってもいいでしょう。極く軽く脱水してハンガーに干せば、アイロンは不要です。

 

(生活情報ライター:関美枝子)