マンション管理の東洋グリーン建物株式会社
東洋グリーン建物株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目17番41号 赤坂アネックス3F TEL:03-6862-7511
お問い合わせ
トップページへ戻る  

東洋グリーンのサービス   マンション管理の知識   マンションの住環境   生活カレンダー


  生活カレンダートップページへ戻る 直前の部分へ戻る

洗濯

シミに強くなる

 

夏を思わせる暑い日があったり、前線が居座って、ジメジメした日が続いたり、6月はやっぱりちょっと憂鬱な月です。特に洗濯は空のご機嫌しだいですから、天気予報をチェックして、こまめに洗濯し、晴れたら即、陽に干すのが一番でしょう。部屋干しが避けられない時は、扇風機の風を利用したり、匂いを抑える洗剤も出ているので使ってみてください。
さて、今月のテーマは、毎日の洗濯でちょっと面倒な、シミの処理です。シミと汚れの違いは厳密にはないのですが、シミは一般的に小さな部分についた取れにくい汚れ。汚れの種類でその取り方が違います。どの場合もできるだけ早い処置が効果的です。

 



 

慌ててこすったり、揉んだりすると、シミの元になっている色素を広げ、繊維の奥にすり込んでしまうことになります。とはいえ、汚れは、時間がたったり乾くと取れにくくなります。慌てず、応急処置をしておくことが大切です。
まずどんな性質のシミかを見分けます。実際のシミの原因となるものはさまざまですが、シミ抜きという点からその性質を分けると、@水溶性のシミ、A油性のシミ、B水と油が混ざったシミ、泥はねや鉄さび、墨汁、カビなどその他のシミ、となります。ひとつの見分け方としては、シミの下にタオルを敷き、霧吹きで水をかける方法があります。水が染み込めば「水溶性」、はじけば「油性」のシミです。
性質が分かったら、それに合った応急処置をします。


【応急処置】

(1)水に溶けやすいもの
すぐにティッシュペーパーを水でぬらして、軽く押さえ、その後乾いたティッシュペーパーで水分と一緒に汚れを移し取っておきます。

(2)油を含んでいるもの

油性の汚れは、繊維へのシミ込みがゆっくりしているので、ティッシュペーパーで汚れを摘み取るようにします。その後、ハンカチに石鹸と水を含ませ、軽く押さえてシミを拭き取り、さらに石鹸分を水で取っておきます。

 


 

シミ抜きにもシミの性質に合わせた適切な方法があります。性質を見きわめ、適したシミ抜きをやってみましょう。
それで落ちないシミは、かえって布を傷めたりするので、あまりいじくりまわさずにクリーニング店など専門家に任すこと。その場合は、いつ何をつけたのかをきちんと伝えるのがポイントです。

(1)水に溶けやすいもの
(しょう油・コーヒー・ジュース・血液・水性インク・ワイン・酒類)
水に溶けるものには水を使うのがコツです。
シミのついた部分を堅い台の上に置き、下に白いタオルなどを敷き、水をつけた歯ブラシで上からたたいて汚れを下の布に移します。2〜3回で落ちますが、それで残ったら、洗剤をつけた歯ブラシでたたき、さらに水で湿らせた布でたたいて洗剤を落とします。それでも落ちないシミには、生地によりますが、塩素系または、酸素系漂白剤の溶液を使います。

(2)油分を多く含んでいるもの
(ファンデーション・口紅・チョコレート・ボールペン・カレー・ドレッシングなど)
油を含んだシミは、油に溶かすのが効果的です。ベンジンを使うか、また油性の汚れに強い弱アルカリ性の洗剤も有効です。
白い布を下に敷き、歯ブラシにベンジンを含ませ、たたくようにして、布に汚れを移し取ります。ベンジンの輪ジミができたら、ベンジンを薄めた布でまわりをぼかすようにたたくと消えます。ベンジン以外にも、洗剤の原液をつけた歯ブラシでたたくか、つまみ洗いし、その後、洗濯をします。それでも落ちないシミには、生地によりますが、塩素系または、酸素系漂白剤の溶液につけます。

(3)その他

泥のシミ
  まずはドライヤーなどで乾かします。乾いたら、指先で揉んで泥を砕いて落とせるだけ落とします。その後、洗剤溶液をつけて揉み洗いします。それでも落ちない場合は、酸素系漂白剤の溶液につけます。
   
鉄さび
  布によりますが、固形石鹸をこすりつけて、酸素系漂白剤を使います。白い布なら還元型の漂白剤も効果的です。
   
墨汁
  水を流しながら、歯磨き粉をつけて指先で揉むことを繰り返します
   
カビ
  まずブラシで払い、洗剤溶液をつけて指先で揉み洗いをします。さらに塩素系または酸素系漂白剤の溶液につけます。消毒用のアルコールを綿棒につけてカビの部分をトントンとたたくのも効果的です。
 

(生活情報ライター:関美枝子)