マンション管理の東洋グリーン建物株式会社
東洋グリーン建物株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目17番41号 赤坂アネックス3F TEL:03-6862-7511
お問い合わせ
トップページへ戻る  

東洋グリーンのサービス   マンション管理の知識   マンションの住環境   生活カレンダー


  生活カレンダートップページへ戻る 直前の部分へ戻る

洗濯

日傘や帽子の汚れを落とす

 

日差しはギラギラと照り付け、外出に日傘や帽子が欠かせません。最近は、晴雨兼用のものや、軽くて小さい持ちやすいものなど、日傘の種類もいろいろです。UVカット加工もうれしいところ。帽子もつばの広いものや丸めて持てるサンバイザーなど、機能性とファッション性あふれたものがでています。でも毎日のように使ううちに、汚れも目立ってきます。

 



 

日傘はほこりや空気中の汚れなどで、うっすらと汚れてきます。日頃の手入れとしては、外出から帰ったら傘を広げ、傘布についたほこりを乾いた布や洋服用のブラシで軽く払います。さらに汚れた箇所があれば、かたく絞ったタオルで叩いて汚れを移します。持ち手も拭いておきましょう。こうした手入れをしておけば綺麗なままで気持ちよく使えます。部分的な汚れは、薄めた洗濯洗剤を含ませたスポンジで軽く擦ったあと、洗剤が残らないように絞った濡れタオルで拭き、日陰でよく乾かします。

 


 

外出から帰った時に、ブラシなどでほこりを払っておきます。汗は絞った濡れタオルで拭き、乾かします。素材によりますが“水洗いできます”という表示のものの場合は、たくさん汗をかいたり、しばらく使って汚れたら、洗濯洗剤を溶かした中で手で丁寧に押し洗いします。すすぎも押し洗いで。その後押し絞りし、形を整えて干します。UVカット加工は洗ってもその効果は変わりません。
また、洗えない素材のものは、帽子のトップの内側に回してあるグログランテープの汗をよく絞った濡れタオルで拭いていくとよいでしょう。

 


 

秋口になったら丁寧に手入れをして、次のシーズンまできちんと収納しておきましょう。綺麗にしたつもりでも汚れが残って後で目につくのが、日傘生地の折り山部分です。日傘を洗う習慣はあまりないかもしれませんが、布についた汚れですから、洗濯用洗剤で洗うことができます。シーズンが終わったら、傘を広げ、汚れに応じて洗濯用洗剤液をスポンジに含ませ、汚れや折り山部分を中心に擦っていきます。全体に黄ばんでいたら、洗剤液をスポンジで塗るようにし、少し時間をおいてから、シャワーなどで洗剤を洗い流します。UVカット効果は変わりません。陰干ししてしっかり乾燥させます。
帽子も洗剤液で押し洗いしてよくすすぎ、形を整えて乾かし、形を崩さないように帽子のクラウン部分に詰めものをしてしまっておきましょう。

 

(生活情報ライター:関美枝子)