マンション管理の東洋グリーン建物株式会社
東洋グリーン建物株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目17番41号 赤坂アネックス3F TEL:03-6862-7511
お問い合わせ
トップページへ戻る  

東洋グリーンのサービス   マンション管理の知識   マンションの住環境   生活カレンダー


  生活カレンダートップページへ戻る 直前の部分へ戻る

洗濯

晴れ着を着たあと

 

きものが年配の方はもちろん、若い人の間でブームになっています。お正月には、きもの姿で初詣に向かう若いカップルも多いことでしょう。日本のお正月にはきもの姿がよく似合います。最近は、帯結びや帯揚げ、小物の使い方も驚くほど自由で、形式張らない着こなしが喜ばれているようです。ただ、きものは洋服とは違ってデリケートで、洗濯を気軽にできないので、楽しく着たあとは、それなりの後始末が必要です。ひと手間掛けておくことで、長くきれいに楽しむことができるので、少し面倒でも、外出から帰ったら、早めに後始末をしましょう。

 


 

帯は解いた後、ついてしまったしわや癖を、帯の脇の縫い目をピンと引くようにして延ばし、さらに両手の平で軽くたたくようにして延ばします。たたきながら汚れなどないかをチェックします。ほこりや軽い汚れなら、乾いたタオルやかたく絞った手ぬぐいでそっと拭きますが、帯地は織り目が粗かったり、金糸銀糸が織り込まれているものが多いので、難しいものは、余りいじらずに専門店に任せます。
帯にも着ている間に肌の湿りが移っているので、風を通します。長めに畳んでハンガーに掛けて半日くらいおきます。ハンガーにタオルを挟むと折り目が気になりません。乾燥した日なら、部屋の中でいいのですが、湿気のある時は除湿機をして。余り時間をおかずに畳んでたとうに入れ、箪笥など湿気を避けた場所にしまいます。

 


 

晴れ着は外出から帰ったらできるだけ早く脱いで、風を通します。汚れやほこりをチェックし、軽いものならかたく絞った手ぬぐいなどで軽くたたくようにして落とします。襟やそで口、さらに裾にも汚れがつきやすいので見ておきます。また飲み物などのしみは、付けたときに乾いた布でたたくようにして応急処置をしておき、帰ってから付けたものに合わせて処置しますが、下に布を当てて、水性の汚れならかたく絞った手ぬぐいで、油性ならベンジンを含ませた布で、上からたたくようにして汚れを落とします。デリケートな素材なので、難しいものは、余りいじらずに専門店に任せます。きものにも着ている間に肌湿りがついているので、帯と同様に風を通します。あればきもの用のそでの長いハンガーに掛けて半日くらいおきます。湿気をきちんと取っておかないと、カビや虫食いの原因になるのでご注意を。その後、畳んでたとうに入れ、湿気を避けて箪笥などにしまいます。

 


 

長襦袢もハンガーに掛けて風を通します。半襟はどうしても襟汚れがついているので、外して汚れをベンジンを含ませた布でたたいて落とすか、手洗いします。洗面器にぬるま湯を張り、シルクやウール用の洗剤を加えて静かに押し洗い、さらに汚れが目立つ部分は柔らかい歯ブラシなどで、布の目に沿ってこすります。すすぎを2〜3回して、タオルなどに挟ん押し絞りし、しわにならないように干します。乾いたら軽くアイロンを当て、折じわがつかないようにラップの芯などに巻いておけば完璧です。次に着る前にとじ付けま
す。帯締めは房を紙で巻いておくときれいなままでいます。帯揚げはフンワリと畳んで箱に入れておきます。紐や伊達締めなどはひとまとめにして箱に入れておくといいでしょう肌襦袢や裾避けなど、肌に付けたものは、木綿やポリエステル素材ですので、洗濯機で洗い、干すときに形をきれいに整えます。足袋は汚れを部分洗いしてから洗濯機に。干すときにきちんと縫い目を引っ張って延ばし、布をたたくようにしわを延ばして干します。

 


 

履物も意外と汚れています。鼻緒の部分は乾いた布で軽くほこりを払い、台の部分は皮やエナメルなら眼鏡拭きなどの極細繊維のクロスで汚れを拭き取ります。

少し面倒ですが、こうしてそれぞれ後始末しておけば、次に着るとき慌てずに済み、気持ちよくお洒落が楽しめます。

 

(生活情報ライター:関美枝子)

【お知らせ】 「わたしの洗濯方法」をお寄せください。
kaitekimansion@toyogreen.net