マンション管理の東洋グリーン建物株式会社
東洋グリーン建物株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目17番41号 赤坂アネックス3F TEL:03-6862-7511
お問い合わせ
トップページへ戻る  

東洋グリーンのサービス   マンション管理の知識   マンションの住環境   生活カレンダー


  生活カレンダートップページへ戻る 直前の部分へ戻る

洗濯

カーテンを洗う

 

風はまだ時に冷たいけれど、ガラス窓越しの日差しも日毎にやさしくなり、カーテンを開けるのに心弾む季節です。球根の花も咲きだしています。部屋の中もそろそろ春の準備に掛かりましょう。冬の間、外の寒さを防ぐ役目をしてくれた部屋のカーテンには、いつのまにか、ほこりや汚れがたまっているものです。明るい季節を迎えるために、思い切って洗濯をしてみませんか。

 


 

製品の表示を見て、自宅の洗濯機で洗えるかどうかをきちんと確認します。ポリエステルや綿素材の洗濯できるカーテンが多いですが、レーヨンなど水洗いに向かないものもあるので、洗濯表示に従います。洗濯は、その日のうちに干し上がるように、晴れた日に行います。カーテンは大きいので他の洗濯と分けて、カーテンだけで洗うようにします。

 


 

布地には、意外に多くの汚れやほこりが付着しています。カーテンをはずす前にまず全体のほこりを落とします。カーテンを広げた状態で全体をふり払い、細かなほこりを落とします。この時にしみや目につく汚れをチェック。あとで濃いめの洗剤をつけるため、安全ピンなどで場所が分かるようにしておきます。フックを丁寧にはずし、縦に大まかに折り畳んでいきます。上の部分のほこりをブラシを使って払います。また、外したところで、掃除機やブラシでカーテンレールや周辺のほこりを取り、ペーパークロスなどで拭き上げて、洗濯後すぐに掛けられるようにしておきます。

 


 

洗濯槽の中で絡まらないように、できたら大きい洗濯ネットを用意します。しみや汚れの部分に濃いめの洗剤をつけ、すそが外側にくるように折り畳んでネットに入れ、洗濯物の量に見合った洗剤と柔軟剤で洗います。汚れがひどいようなら、お湯を加えて30度くらいのぬるま湯にすると汚れ落ちがいいでしょう。いつも煙草の煙にさらされているカーテンは、洗う前にバケツにクエン酸水(水4リットルにクエン酸大さじ2、クエン酸がなければ食酢でもOK)を入れ、1時間ほどつけおいてから同じように洗うと効果的です。
脱水は、布にしわがつかないように30秒から1分くらいにします。

 


 

脱水後、真っ直ぐになるように平らに広げ、厚手なら下げて生乾きまで干します。薄い素材なら脱水機から出したままで大丈夫。生乾きのところで、フックをつけ、カーテンレールに掛けてそのまま干し上げます。布地の重さがちょうど布を下に引っ張るので、真っ直ぐきれいに乾きます。窓を開けると窓枠や敷居などにこすれて汚れを拾うので、ガラス越しの状態で干し上げます。

 

(生活情報ライター:関美枝子)

【お知らせ】 「わたしの洗濯方法」をお寄せください。
kaitekimansion@toyogreen.net