マンション管理の東洋グリーン建物株式会社
東洋グリーン建物株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目17番41号 赤坂アネックス3F TEL:03-6862-7511
お問い合わせ
トップページへ戻る  

東洋グリーンのサービス   マンション管理の知識   マンションの住環境   生活カレンダー


  生活カレンダートップページへ戻る 直前の部分へ戻る

家事を科学する

酢の力で家をきれいに

 

最近、健康のためにお酢を飲むのがブームになっていますが、酢の力それだけではありません。今月は、キッチンやバスルームで活躍してくれる『酢』の効力を考えます。
我が家のトイレには、クエン酸を薄めた液を入れたスプレーボトルが置いてあります。トイレを使った後、ちょっとスプレーして…といった具合です。自然由来のクリーニングは、人にも、環境にも優しく、幅広く応用できます。

 

  レモンやスダチなどの柑橘類をはじめ、梅干、食酢など酢の種類はさまざま。酸味そのものに効果があるのです。とはいっても、いつもレモンを用意しておくというのも大変です。使いやすいのが食酢ですが、つんとくる臭いが気になります。そこで、お勧めなのが、市販の「クエン酸」。白色で、粉末状になっています。食物のでんぷん(サツマイモ)を発酵させたもので、薬局などで手に入ります。使うときは、水1カップに小さじ1を溶かしてクエン酸水を作り、スプレー容器に入れます。
 


  酢は種類にかかわらず、どれも酸性です。酸性にはアルカリ性を中和する働きがあるので、水垢や石鹸かすなどのアルカリ性の汚れに効果的です。また、細菌の増殖を抑える効果も期待できます。食中毒の原因になる細菌の繁殖スピードを抑えてくれます。
ひとつ注意したいのは、酸性は鉄を錆びさせること。大理石にも避けたほうがいいでしょう。

○トイレやバスルームで
酸は、アルカリ性の汚れに強いので、尿や、湯垢、石鹸かすに効果的です。浴槽やタイルにスプレーしておくとカビの抑制ができます。バスタブの周りにこびりついた白い汚れにはクエン酸をスプレーし、キッチンペーパーなどでパックしておいて、擦り取ります。
トイレは使用後、気になった所にスプレーし、トイレットペーパーでふき取ればOKです。

○畳や床

埃を掃いた後、クエン酸水を軽くスプレーして布でふき取り、よく乾燥させます。さっぱりとし、カビの予防にもなります。

○洗濯にも

すすぎの最後に、クエン酸を小さじ1ほど入れます。石鹸かすの残留を減らし、柔軟剤としての効果もあります。また、洗濯物のいやな臭いも防いでくれます。

○キッチンで

まな板や調理器具の洗浄後、スプレーしておくと細菌の繁殖を抑えられます。電気ポットの洗浄にはお湯をいっぱいにし、クエン酸を小さじ7、8杯加えて一晩置き、翌朝すすぎます。炊飯器や、冷蔵庫電子レンジなど、家電製品の表面の黒ずみには、スプレーして、キッチンクロスでふきあげます。
 


 

重曹を使った掃除の後は、仕上げにクエン酸水でひとふきしておくと中和できます。

 


(生活情報ライター・関美枝子)