マンション管理の東洋グリーン建物株式会社
東洋グリーン建物株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目17番41号 赤坂アネックス3F TEL:03-6862-7511
お問い合わせ
トップページへ戻る  

東洋グリーンのサービス   マンション管理の知識   マンションの住環境   生活カレンダー


  生活カレンダートップページへ戻る 直前の部分へ戻る

料理のアイディア

季節を食べる「きのこ」

 

ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富なたべもの「きのこ」。一年中食べられますが、秋が旬です。火の通りが早いので、スピード料理にピッタリ。しかも嬉しい低カロリーです。

 

  @使う直前に洗う・・・洗ってまま置いておくと水分が出て変色しやすい。大きなエリンギやしいたけは、ぬらしたペーパーでふくだけでよい。
A煮すぎない・・・火を通しすぎると、歯ざわりが悪くなり、栄養価も落ちる。
B味付け注意・・・きのこは水分を多く含むので、きのこから出る水分も計算に入れて味付ける。
 


  食べやすいあっさりスタイルの鍋です。夏の暑さに疲れた身体に、しみわたります。

【材料】
まいたけ、えのきだけ、しめじ、えりんぎ、しいたけなどから数種類
白菜4分の1(軸はたて細切 葉はざく切り)
小松菜(水菜など青菜)半束(ざく切り)
鶏ひき肉300グラム
豆腐 1丁
   
   
   
【作り方】
(1) 鶏ひき肉に大さじ3の酒、塩ひとつまみ、片栗粉小さじ1を入れてよくこね、鶏団子を作る。柔らかいと感じるくらいに、酒や水を加えてよくこねるのがポイント。好みで、しょうがのすりおろし、シソのみじん切り、ねぎなどを加えると風味豊か。
(2) 鍋に水を入れ、塩小1と酒大3を入れて沸かす。軸をたて切りにした白菜、小松菜を入れる。鶏ひき肉をスプーンですくいながら、鍋に落とす。きのこと鶏団子からダシが出るので十分おいしいが、きのこと相性のよい「昆布」を水から入れれば、なお美味。
(3) きのこを手で大きく分けながら入れ、豆腐も入れる。
(4) さっと煮立てれば、できあがり。
(5) ポン酢、ごまダレなど好みでどうぞ。
 


  あっという間にできて、体によい。多めに作れば、パスタやサラダにも使えます。

【材料】
まいたけ、えのきだけ、しめじ、エリンギ、しいたけなどから数種類を2パック程度
オリーブ油
つぶしたニンニク1片
(タカノツメをいれても大人の味)
塩2つまみ
お酢
(あればバルサミコ酢やワインビネガー)
大1と2分の1
【作り方】
(1) きのこはさっと洗い、ニンニクはつぶす。
(2) フライパンにオリーブ油とニンニクを入れ、焦がさないように温める。
(3) きのこ類と、塩2つまみを入れ、炒める。
(4) きのこが透き通ってきたら火を止め、お酢を入れる。オリーブ油をさらに加えると保存性アップ。
   
 


  調味料を替えるだけで料理の味がぐっとよくなることがあります。今回はマリネに使うお酢について。
お酢はすっぱい、ツンツンすると思っていませんか? 本醸造酢は、米や玄米を長い期間をかけて醸造した味は、まろやかで、こくのある味。ダシで割ればそのまま飲み干したいくらいです。小瓶なら1本400円程度。
お酢にはいろいろな種類があります。ワインから作るワインビネガー(マリネやドレッシング、煮込み料理の最後に味の締めとして入れるといい)や、10年以上の熟成もあるバルサミコ酢(焼いた魚や肉にかけるだけでソースになり便利)を揃えると、料理の幅が広がります。
 

(料理人見習:小野絢子)