マンション管理の東洋グリーン建物株式会社
東洋グリーン建物株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目17番41号 赤坂アネックス3F TEL:03-6862-7511
お問い合わせ
トップページへ戻る  

東洋グリーンのサービス   マンション管理の知識   マンションの住環境   生活カレンダー


  生活カレンダートップページへ戻る 直前の部分へ戻る

掃除と手入れ

カーペットとたたみ


 

暖かい春と一緒に虫が活動をはじめます。たたみやカーペットはダニが発生しやすいので、掃除を念入りにしましょう。

 


 

カーペットは、掃除機を毛あしに沿ってていねいにかけます。さらに念入りにするなら、次に毛あしを逆立てる方向へかけ、もう一度毛あしに沿ってかけます。置き敷きの場合は半分に折り返して裏側も掃除機をかけます。粘着テープを使うなどして、絡みついた糸くずや毛髪まできれいに取り除きます。
掃除機の後は、固く固く絞った雑巾で拭くとさっぱりします。汚れがひどい場合は、ブラシで毛あしを逆立てながら、住まい用アルコール洗剤を薄めて拭きます。衛生面で考えるなら、逆性せっけん(薬局で売っています)を薄めたものを使います。逆性せっけんは洗浄力はありませんが殺菌力が高いものなので、消毒効果があります。

 



 

しみを付けた時は、すぐその場で固く絞った雑巾で叩いて取るようにします。付いた汚れの外側から芯へ向かって叩きます。
しょうゆやジュースのような水溶性のしみは、まず水分をよく吸い取り、その後しみに食塩を振りかけてしばらく置きます。食塩が湿ってきたら、歯ブラシでこすります。後は掃除機で吸い取り、住まいの洗剤で拭いておきます。
油性のしみはシンナーやベンジンで汚れを溶かして取ります。化粧品、クレヨンなども油性のものです。ベンジンを含ませた布で叩いて、汚れをカーペットから布に移し取ります。
古いしみで、原因がわからない時は、まずベンジンをしみ込ませた布で叩いてみます。布に色が移るようなら、それは油性汚れですから、そのまま叩いて取ります。
ベンジンに反応しないようなら、いったん放置して乾かします。乾いた後改めて、台所用中性洗剤を薄めた水を含ませた布で叩きブラシでこすります。
それでもダメな場合は、住まいの洗剤(弱アルカリ性)を使うことになりますが、その場合はやりすぎるとカーペットが変色したり傷んだりするので要注意です。

 



 

たたみの掃除には掃除機がいちばんです。目にホコリが詰まらないように、たたみの目に沿って、つまりたたみの短い辺に平行に掃除機を動かします。
たたみが新しいうちは白っぽいものです。これはたたみ表に使うイグサに付いた白土の色です。イグサは白土をこねた中にいったん浸してから干して使われるのです。
拭くなら乾拭きがよいのですが、それではさっぱりしないという場合は、固く絞った布で拭いた後で乾拭きします。ゴシゴシ拭くのはよくありません。
昔から酢水(酢と水半々)で雑巾を固く絞って拭くとよいと言われていますが、多少酢の匂いが残るので、住まいの洗剤を薄めたものでもよいでしょう。
ダニ対策のためには、たたみを上げて、外に干すとよいのですが、住宅事情もありなかなかそうはいきません。せめてこまめに掃除機をかけ、窓を開けて風通しをよくします。

 



 

たたみに食べ物をこぼした時は、まず小麦粉か塩をたっぷり振りかけてしばらくおきます。小麦粉や塩が水分を吸収し終わったら、ほうきと掃除機できれいに取り除きます。
いきなり雑巾でふき取ろうとすると、かえってこぼしたものを目に押し込んでしまいます。あわてずにこの方法を試してみてください。

 


(生活情報ライター:関美枝子)