マンション管理の東洋グリーン建物株式会社
東洋グリーン建物株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目17番41号 赤坂アネックス3F TEL:03-6862-7511
お問い合わせ
トップページへ戻る  

東洋グリーンのサービス   マンション管理の知識   マンションの住環境   生活カレンダー


  生活カレンダートップページへ戻る 直前の部分へ戻る

掃除と手入れ

カビを防ぐには

 

雨に濡れた紫陽花の美しさは梅雨の季節の味わいですが、実際には、洗濯物は乾かないし、雨の外出もたいへんです。そして湿度の高いこの時期、気をつけなくてはならないのが、部屋のあちこちにでてくるカビ。日々の賢いお手入れで、気持ちよい住まいを維持しましょう。

 


 

カビは、目にした時の気持ち悪さはもちろんですが、ダニと同様にぜん息などのアレルギーを引き起こしたり、感染症の原因になったりと怖い面があります。また、住まいを土台から分解させていくといった危険性もあります。

 



 

カビは微生物の一種で、湿度、温度、栄養分の3要素が重なったところで急激に増殖します。湿度70%がカビ発生の境目とされ、温度20〜30度、湿度90%以上がカビ発生に最も適した条件です。梅雨時の室内は高温多湿でカビ発生の2条件が揃うことになります。栄養分は、ほこりや汚れ、食べ物やジュース、浴室の皮脂汚れやせっけんのカスなど、あらゆるところにあります。

 



 

カビを防ぐには、発生の条件をできるだけなくすというのが基本になります。こまめな掃除が第一です。栄養分が絶たれて、さらに空気のよどみもなくなり、湿度の点でも効果的です。ほこりが発生しやすい寝室は、よく掃除機をかけてカビの栄養源になるほこりを除きます。エアコンでの除湿も効果的ですが、エアコンは止めた後そのままにしておくと、結露によるカビが心配です。止めた後2〜3時間送風にしてエアコンを乾燥させるといいでしょう。さらに物入れや押し入れ、食器戸棚、下駄箱など、空気がよどみそうな場所は、時々戸を開けて換気します。また、扇風機で風を送るのも効果があります。


(1)部屋の中の場合・・・

もしカビが生えてしまったら、まずは拭き取るのが先決です。水で洗えない場所のカビには、カビ取り剤を薄めた液や消毒用アルコールを染み込ませた布で拭き取ります。その後で消毒用アルコールをふきかけておくとカビ防止になります。後は、できるだけ換気に努めて湿気を防ぎます。畳にカビが生えたら、消毒用アルコールを染み込ませた布で拭きます。アルコールは、殺菌力が強く安全です。なおカビ取り剤やアルコールを使う時は、窓を開けて換気をよくして作業してください。


(2)浴室・洗面所・トイレの場合・・・

浴室・洗面所・トイレは水を使う場所なので、どうしても濡れていることが多く、黒カビが目立ちます。タイルの目地、プラスティック用品、排水口は、特にカビの生えやすいところです。浴室には、石けんカスや皮脂汚れなど汚れがいっぱいあります。まずはこうしたカビの栄養源をなくすのがポイントです。入浴後こまめに汚れを洗い流して、さらに、バスタオルなどで水滴を拭き取っておくといいでしょう。でこぼこのないところならスクィージー(窓ガラス用ゴムベラ)で水分を取るのもおすすめです。浴室の換気には窓と扉を開けて1〜2時間換気扇を回します。トイレや洗面所も、汚れを残さないよう、こまめにこすって汚れを取り、できるだけ水分を拭き取っておくのがコツです。

生えてしまったカビには、水で洗い流せる場所では、手袋やマスクで防護して、カビ取り剤を直接スプレーします。換気にも注意しましょう。タイルの目地やゴムパッキン部分のカビには、ジェル上のカビ取り剤も使いやすいです。塩素系のカビ取り剤は、カビを殺菌・漂白して取るものなので、つけたらこすらずにそのままにしておきます。時間がたつと殺菌され、漂白されてカビが消えていきます。その後、水で十分に洗い流すか水拭きして、さらに水分を拭き取ります。
また、カビが発生する前に防カビ剤を塗っておくのも効果的です。種類によって違いがありますが、スプレー後2カ月から半年ほど効果が持続します。


(3)キッチンの場合・・・

キッチンの排水口や、三角コーナー、水切りカゴにはヌメリも発生します。細菌や酵母、カビなどの微生物は食物カスや汚れを分解しながら繁殖する際にぬるぬるした粘着物を出しますが、そうした粘着物と微生物が合体したのがヌメリです。汚れをためずに歯ブラシなどでよくこすり落とすことが肝心です。その後、台所用漂白剤をスプレーし水で洗い流します。排水パイプには、パイプ用の洗浄剤を振りかけ、水を流します。水回りは、どうしても水滴が残りがちですが、使った後、乾いたタオルなどでサッと拭いておけば、カビの心配もなくいつも気持ちよく使えます。
まな板のカビは、台所用洗剤をつけたタワシやブラシで汚れをこすり取り、よく流水で洗い流します。その後、台所用漂白剤や除菌剤を使います。十分に水洗いをして、日に干して乾燥させるとよいでしょう。

 


(生活情報ライター:関美枝子)