マンション管理の東洋グリーン建物株式会社
東洋グリーン建物株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目17番41号 赤坂アネックス3F TEL:03-6862-7511
お問い合わせ
トップページへ戻る  

東洋グリーンのサービス   マンション管理の知識   マンションの住環境   生活カレンダー


  生活カレンダートップページへ戻る 直前の部分へ戻る

掃除と手入れ

キッチン家電製品の手入れ

 

陽射しが明るくなって、心はずむ季節の到来です。厚いコートを脱いで、ファッションもきれいな春色が目につきます。部屋の中もスッキリさせたくなります。そこで今月はキッチン回りの家電製品をチェック。炊飯器、電子レンジにトースターなど、毎日活躍してくれている家電類は、手垢やほこりなど、いつの間にか汚れが付いてしまっています。暖かい活動しやすい日には、普段の掃除では取りきれない汚れをスッキリさせましょう。

 


 

家電製品の汚れは、手垢とほこり、それと使った時に付いた汚れや料理の煙など油性の汚れです。外側の樹脂部分には、超極細繊維を使った市販のお掃除クロスがお勧め。またお掃除用のメラミンスポンジも手軽です。どちらもスーパーなどで手に入ります。基本は、使った時にサッと拭いておく『ついでの掃除』です。そのためにお掃除用のクロスと薄めた酢水のスプレーをキッチンのいつも手に届くところにキープしておくようにします。スポンジも水で湿らせてサッとこすればOKなので、こちらも使いやすいサイズにカットしていつでも使えるように用意しておきます。

 


 

毎日の料理に大活躍のレンジやグリル、オーブンですが、樹脂に付いた手垢など、器具の外側はお掃除用のクロスと薄めた酢水で軽く拭くことを習慣に。メラミンスポンジも効果的です。内側の油性の汚れは余熱があるうちにぼろ布やペーパーで拭き取ると簡単です。それでも使った直後はまだ熱かったりで、ついお掃除を後回しにしがちです。お掃除のタイミングがとれなかったり、拭ききれずに残った油が固まってしまったら、これは重曹の出番です。ぬらしたクロスに重曹をつけてこすります。また細かい部分は、古歯ブラシに重曹をつけてこすり落とします。魚焼きグリルの網などは新聞紙を広げた上で、重曹をつけた歯ブラシでこすればきれいに落ちます。重曹で油汚れを落とした後、最後に酢水でぬらしたクロスで拭きます。仕上げにカラ拭きすれば気持ちよくきれいになります。

 


 

炊飯器の内釜や内蓋は、使った度に洗剤とスポンジできれいにします。炊飯器本体の外側と内側は、酢水をスプレーしてクロスで拭き上げます。手垢や汚れが気になるときは、重曹と湿らせたクロスでこすって取ります。蒸気口や細かな溝などの汚れは綿棒や楊枝を使って落とします。消毒用エタノールをスプレーしておけば除菌もできて安心です。電器ポットも同様に外側は酢水をスプレーしてクロスで拭き、蓋の内側や縁の溝は綿棒や楊枝を使って汚れを取ります。消毒用エタノールを使えば、除菌効果があります。内側は10倍ほどに薄めた酢水を沸騰させ、湯アカを分解させます。水を捨て、スポンジで軽くこすり、匂いが残らないように、きれいな水で中をよくすすぎます。

 


 

キッチンの照明と手元の明かりは、料理や盛り付けをする時にとても大事です。明るさをチェックして、切れていなくても暗くなっていたら球の取り換えを。また電球や蛍光灯を外して、湿らせたお掃除クロスで拭くだけでも明るくなります。仕上げのカラ拭きを忘れずに。また照明器具を外した際には照明カバーなどのほこりを払い、お掃除クロスで拭き上げます。お掃除はくれぐれも電源を切ってから。明るいキッチンならお料理も心はずむはず。きれいになったキッチンで美味しい春のメニューはいかがですか。

 


(生活情報ライター:関美枝子)
【お知らせ】 「わたしの掃除方法」をお寄せください。
kaitekimansion@toyogreen.net