マンション管理の東洋グリーン建物株式会社
東洋グリーン建物株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目17番41号 赤坂アネックス3F TEL:03-6862-7511
お問い合わせ
トップページへ戻る  

東洋グリーンのサービス   マンション管理の知識   マンションの住環境   生活カレンダー


  生活カレンダートップページへ戻る 直前の部分へ戻る

ベランダ園芸

暑さとうまくつきあう

 

暑さの厳しい8月は、園芸活動も小休止。こんなときは、涼しい室内で秋からの園芸プランをのんびりと考えるのもよいと思います。また、丹誠込めて育てたベランダの緑に包まれて夕涼みなどいかがでしょう。

 


 

夏場のベランダを過ごしやすくする方法の一つに、つる植物を使って緑のスクリーンをつくっておくとヨシズのかわりになります。枝葉が日差しを和らげてベランダに涼感が得られるほか、ベランダに落ちる葉影が照り返しを抑えるため、室内の快適性もアップ。ベランダの手すりに直に絡めてもよいですし、高い支柱を設けて大きく仕立ててもよいでしょう。
ハニーサックルなどの多年生のつる植物は成長が遅く、日よけができるまで時間がかかります。夏期限定ですばやく日よけをつくるには、アサガオやフウセンカズラなどの一年生のツル草がおすすめです。

 


 

8月はバケーションの季節でもあります。家をあけることも多くなりますが、外出中の水やりが心配です。いちばん簡単な方法は、植木鉢の下に深めの受け皿をおき、水をはっておくこと。さらに遮光ネットなどで植物にあたる日差しを遮ってやると、植物の蒸散が減り効果が長続きします。
ベランダに水道設備がある場合は、園芸用の給水タイマーがホームセンターなどで割合安価に入手できるようになってきているので、思い切って自動給水システムを自作してみてはいかがでしょうか。給水タイマーを蛇口にとりつけ、灌水用穴あきホースをそれぞれの植木鉢の上にかかるようにのばしておきます。

 


 

暑さのピークとなる8月の初旬から中旬は、植物も夏バテぎみになります。それまで元気に花を咲かせていたアメリカンブルーやゼラニウムも、疲れがたまってきたかのように花芽の数が減ってきます。元気のなくなってきた花は、早めに切り戻して新枝を育てておくと、暑さがやわらぐころまた旺盛に開花してくれるようになります。

 


 

暑さの峠が越える8月下旬ころになると植物も元気を取り戻してくるので、次のシーズンに向けて園芸活動を再開します。
このころから秋まき草花の苗づくりがはじめられます。秋まき草花は来年の春から初夏にかけて開花します。タネからのんびりと苗づくりをしながら、来春のベランダ花壇を思い描くのも楽しいものです。
8月中にタネまきをしていいのはタチアオイ、デルフィニウム、フォックスグローブなどの比較的大型の草花。ベランダ園芸に取り入れるにはちょっと勇気がいりますが、花壇の主役として活躍してくれること受けあいです。小さなビニールポットにタネをまき、いま花を咲かせている植物の根元などに置いておけば、なにかと手狭なベランダでも邪魔になりません。
また、8月下旬ころは、秋に開花する夏植え球根の植えつけ適期でもあります。
たとえば、リコリスはヒガンバナの仲間の球根植物です。ヒガンバナと聞くと地味な感じがしますが、多種類の花色を持つ品種があり、熱狂的なファンも多い球根植物のひとつです。また、サフランは地中海沿岸の乾燥地に生えるクロッカスの仲間の球根植物。10月頃に美しい薄紫色の花を咲かせます。開花した際に赤い雌しべを抜き取り、乾燥させてパエリアなどの色と風味づけに使うこともできます。いずれも水はけのよい用土をプランターに入れ、球根の高さの2倍程度の深さに植えるとよいでしょう。

 

(園芸ライター:篠沢 勝)