マンション管理の東洋グリーン建物株式会社
東洋グリーン建物株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目17番41号 赤坂アネックス3F TEL:03-6862-7511
お問い合わせ
トップページへ戻る  

東洋グリーンのサービス   マンション管理の知識   マンションの住環境   生活カレンダー


  生活カレンダートップページへ戻る 直前の部分へ戻る

ベランダ園芸

バラの大苗を植える

 

秋が深まるにつれ園芸作業も峠を越し、段々とベランダに出る機会が少なくなってきます。でも、11月は花木の植え替えに適した季節です。特にバラは、初心者でも扱いやすい大苗が店頭に出回ります。バラの咲き誇るテラスを夢見て、本格的な冬を迎える前にもうひとはたらきしてみませんか。

 


 

バラの苗が園芸店に出回る時期は年に2回、5月頃と11月頃があります。5月に出回る苗はその年のはじめに接ぎ木したもので、新苗と呼ばれています。これに対して11月に出回る苗は2年越しのしっかりと生長したもので、大苗と呼ばれています。新苗に比べて大苗は丈夫で育てやすいうえ、この時期は休眠期に当たるため取り扱いも楽なのです。

 


 

バラには5月から6月にかけて咲く一季咲きの品種と、5月から11月ごろまで間断なく咲く四季咲きの品種があります。原種バラやオールドローズはほとんどが一季咲き、モダンローズはほとんどが四季咲きです。
一季咲きの品種は、短い期間ながら春にいっせいに咲き乱れる姿は迫力満点。これに対して、四季咲きの品種は長い期間楽しめるものの、花後の摘花や剪定を怠ると、どんどんと花が貧弱になってしまいます。一季咲きに比べて、四季咲きのほうが手間がかかるといえるようです。

 


 

ベランダでバラを栽培するときに気を付けたいのは花の散り際です。バラの花びらが下の階に落ちるような仕立て方は、特に一季咲きのバラの場合は避けた方がよいでしょう。四季咲きのバラは間隔をあけて比較的少数の花を咲かせるので、切り花にして楽しむ余裕もあるのですが、一季咲きのバラは摘花するひまがないほどの多数の花がいっせいに咲くため、下の階では、サクラ吹雪ならぬバラ吹雪が洗濯物に降りそそぐ、ということになりかねません。

 


 

バラには病気や虫の害がつきもの。初心者には敷居の高い花木と思われがちです。
でも、病虫害にほとんどかからない品種もありますよ。おすすめはレディバンクスローズ(キモッコウバラ)です。原種バラの系統ですが、5月に咲く淡い黄色の八重咲き花には落ち着いた美しさがあり、香りも豊か。棘がないため扱いやすいことも大きな魅力です。

 


 

用意する鉢は6〜10号が目安です。根詰まりを防ぐためバラは毎年植え替えをしますが、最初からあまり大きな鉢にすると、植え替えのとき手間がかかります。はじめは小さな鉢を選んで、毎年1号ずつ大きくするようにしましょう。
バラは肥料をたくさんほしがる植物ですが、鉢植えの場合は肥料をあげすぎると病気にかかりやすくなります。赤玉土とバーク堆肥を7:3程度で混ぜ、緩効性化成肥料を少量混ぜて用土にします。植木鉢の中に用土の小山をつくり、大苗の根を広げて置きます。その上に用土を薄くかけ、土と根を馴染ませるように鉢を2〜3回たたきます。植え付けたら、根の負担を軽くするため、枝を2分の1ほど切ります。

 

(園芸ライター:篠沢 勝)