マンション管理の東洋グリーン建物株式会社
東洋グリーン建物株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目17番41号 赤坂アネックス3F TEL:03-6862-7511
お問い合わせ
トップページへ戻る  

東洋グリーンのサービス   マンション管理の知識   マンションの住環境   生活カレンダー


  生活カレンダートップページへ戻る 直前の部分へ戻る

暮らしのインテリア

お部屋のアクセントに旅の思い出

旅の思い出の石ころたち
 

ローマの石畳のかけら、イギリスの古城で拾った小石、サハラ砂漠の塩のバラ、ケニアの動物の骨らしきもの……。

 

 

マンション玄関の靴入れの上に、一見無造作に重ねられているのは、世界中の都市や遺跡、地球上の北から南まで、旅に出かけた記念に持ち帰った、様々な石ころたちです。それぞれの石には、油性ペンで拾った日付けと時間、地名が書かれています。

 

 

これは、私の長年の友人であり、テキスタルデザイナーとして活躍している根津りえさんのコレクションです。ガラス絵作家としても人気の彼女にとって、世界を旅することは、取材もかねた生活の一部のようで、一年中、時間を作っては各国を旅しています。20歳代で初めて行ったヨーロッパで、旅の魅力に目覚めたとか。それ以来、世界中の町、世界遺産の地などにせっせと出かけています。

 

 

旅のお土産にと、自分が歩いた足元の小さな石を持ち帰ったことから、スタートした石ころコレクション。その土地に行ったものにしか手に入らない何よりの思い出、貴重な記念の品といえます。いつの間にか山のように集まった、色も形も大きさも多彩な思い出の石ころたちには、旅の思い出がいっぱい詰まっています。

 


メモリアルアートを成功させるルール
 

このコレクションにはルールがあります。
何よりまず、自分で拾うこと。次に、気に入った石を拾ったら、その場で日時と場所、そのときの状況などをメモして一緒にビニール袋に入れます。その時にキチンとメモしておかないと後でわからなくなってしまいます。そして、ホテルに帰ったら、石をよく洗って乾かしておきます。帰国してから、旅をゆっくり振り返って石に記録の文字を書き込むのも、旅の楽しい付録といえます。そのために、旅のバックには必ずビニール袋とサインペンとメモ用紙を入れます。
最近では、石ころだけでなく、その地にふさわしい形や模様の木片やブロック片などコレクションの内容は変化しています。でも、自分の足跡、世界の町の地面からというテーマに変わりはありません。

 

どんなお土産を買うより、個性的でステキなメモリアルアート。インテリアのアクセントだと思いませんか。

(糸と布のクラフト作家:しらべみえこ)

 

●7月(文月)の行事

●8月(葉月)の行事  
 

1日 半夏生 山開き 海開き
7日 小暑 七夕
13日 盂蘭盆会(16日まで)
15日 中元
19日 夏土用
21日 海の日
22日 大暑

7日 立秋
13日 お盆(月遅れ、16日まで)
23日 処暑
31日 二百十日