マンション管理の東洋グリーン建物株式会社
東洋グリーン建物株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目17番41号 赤坂アネックス3F TEL:03-6862-7511
お問い合わせ
トップページへ戻る  

東洋グリーンのサービス   マンション管理の知識   マンションの住環境   生活カレンダー


  生活カレンダートップページへ戻る 直前の部分へ戻る

リメイク・リユースを楽しもう

壊れた傘からエコバック!

最近は出先で雨にあっても、どこの駅前でも安くて手軽な傘が手に入ります。日本人のビニール傘の消費量は驚くほどだと聞きます。

雨のたびに買ってしまって、傘立てに入りきらない多くの傘がたまっていませんか。昔は骨が折れたら、直しに出して大切に使っていたのに…、今は新しい傘に買いかえることも多くなりました。年々、軽くて持ちやすい傘が出ますし、いらない傘が出てくるのも事実です。

そこで、リメイクの出番。壊れたり少し汚れたりで使わなくなった傘を再利用して、エコバックに変身させました。


 

傘の布を利用したバッグは、薄い布なので軽く、何より雨にも強いのが嬉しいところ。デザインを考えて無地と柄ものを組み合わせるとお洒落です。ここでは無地のピンクとチェックの2本の傘を使いました。

 

 

まず傘を開いて、布と骨を止めてある糸をはさみで切ります。全部外したら、布を広げて、縫い目に沿ってはさみをいれ、三角の布にばらします。三角の布3枚を交互に重ねて縫い合わせるのですが、丈夫にするために縫い目は袋縫いか二重縫いにします。

 

 

形は三角をそのまま使うと角度がありすぎて使いにくいので、両端をカットした台形にしました。2枚の台形の布を中表に重ねて脇と底を縫い合わせ、バッグの口を2〜3cmの三つ折りにしてミシンで押さえます。これで袋部分は完成。
残りの布で持ち手用のひもを作り、しっかりと止めつけます。傘の留めのひもを上手く使うとバッグをたたんだとき、くるりと留められて便利ですよ。残りの布で同じものがもう一つ出来るので、お友達へのプレゼントにいかが?

 

 

お気に入りの傘がゴミにならずによみがえったら、ちょっと嬉しい気分です。骨の部分は、レースなどで日傘が出来ますが、これはかなり上級者向けですので、今回は、ゴミとして回収してもらいましょう。

 

 

(糸と布のクラフト作家:しらべみえこ)