マンション管理の東洋グリーン建物株式会社
東洋グリーン建物株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目17番41号 赤坂アネックス3F TEL:03-6862-7511
お問い合わせ
トップページへ戻る  

東洋グリーンのサービス   マンション管理の知識   マンションの住環境   生活カレンダー


  生活カレンダートップページへ戻る 直前の部分へ戻る

野菜をたっぷり食べる

夏野菜の煮物

暑い季節には、いろいろに繰り回せる一品をつくりおきすると便利です。調理方法が蒸し煮なので、手早くつくれ、台所も汚れません。買ってきた惣菜と組み合わせれば、手軽に栄養バランスがとれます。


材料
 

ナス、トマト、ピーマン、オクラ、玉ねぎ、ニンジン、カボチャ、いんげんなどの野菜をたっぷりめに。

 

作り方
 

1.野菜をそれぞれ、大きめの一口大に切る。
2.鍋に入れ、小さじ1/2〜1の塩を振り入れる。
3.ふたをして10〜15分程度、弱火で蒸し煮する。

 

おすすめは
 

そのままで ……
温かくても、冷やしてもおいしい。ゆずこしょうや七味でアクセントをつけても。

 
  ソースに ………
豚肉や鶏肉に塩こしょうして、フライパンで焼く。肉を取り出した後のフライパンに夏野菜の煮物を入れて、ひと混ぜして、ソースにする。肉の代わりに夏が旬のスズキや魚の切り身でも。
 
  パスタに ………
パスタをゆでている間に、フライパンで夏野菜の煮物を温め、ゆでたパスタとオリーブオイル、塩で仕上げる。生のトマト、トマトジュースなどを加えても。
 

調理のポイント
 

材料の野菜は、ナス、いんげん、コーン(身をはずして)、ズッキーニ、ピーマンなど、なんでもOK。冷蔵庫の中で、少々しなびたり、色が変わってしまったものでも、無駄なく使ってください。今回は、黄色くなってしまったきゅうりの皮をむいて入れてあります(写真)。青みがとぶのが気になるようなら、いんげんなどは後から加えて、あまり長く煮過ぎないように。

 

バリエーション
 

いろいろに繰り回せるように、最初の蒸し煮では、塩のみで軽く味付けをして、それぞれの繰り回しで、塩、こしょう、カレー粉、オリーブオイル、ニンニクやハーブ類を足します。もちろんお好みで、最初の蒸し煮からこれらを入れてもOKです。

 

保存の知恵
 

しっかり火が通っているので、1週間以上保存可能です。ビニール袋や保存袋に入れ、空気を抜いて冷蔵庫で保管。取り出すときには、清潔な器具を使い、取り分けたものがあまっても、戻さないようにします。時間が経ってきたら、一度火を入れ、塩を足します。

 

(料理人見習:小野絢子)