マンション管理の東洋グリーン建物株式会社
東洋グリーン建物株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目17番41号 赤坂アネックス3F TEL:03-6862-7511
お問い合わせ
トップページへ戻る  

東洋グリーンのサービス   マンション管理の知識   マンションの住環境   生活カレンダー


  生活カレンダートップページへ戻る 直前の部分へ戻る

素材をたのしむ料理

時間をかけずにたっぷり白菜

寒い時期の定番、白菜。くせがない淡泊な味わいで、どんな食材を組み合わせても相性良しです。
ほとんどが水分ですが、食物繊維は豊富。さらにビタミンC、カリウム、カルシウム、亜鉛などミネラルをバランスよく含んでいます。

生でシャキシャキ、よく煮てトロトロに。
いろいろな火の通し方と味付けで、時間をかけずにおいしくいただきましょう。

調理法:煮物、スープなど火を通すと甘味がでます。サラダや漬物で生でも食べられます。

味付け:塩や醤油味のほか、中華風、ミルク煮、トマト味などオールマイティ。

組み合わせる具:豚肉、鶏肉、ひき肉団子など肉類。ホタテやイカの海鮮類、コーンやツナとも、相性ばっちり。流行りのサバ缶とも合います。



「白菜のちょっと煮」で一気に下ごしらえ

鍋や炒め物の下ごしらえとして、1/2〜1個分の「白菜のちょっと煮」を、一度に作っておきましょう。アレンジは無限です。もちろん、そのまま食べることもできます 電子レンジでもできるのですが、量が多い時には、鍋で煮る方が早くできます。 保存は、密閉容器に入れて、冷蔵庫で。塩味は薄い方が、何にでもアレンジできますが、長く保存したい場合は、塩をもう少し強くして。

★材料:

白菜 1/2個〜1個
豚肉(ばら肉、こま肉など) 50〜200g(なくてもいい)
調味料(塩小さじ1/3-1/2、ごく薄めの味に)
好みで、昆布や液体だし

★作り方:

白菜を、4cm幅で、ザクザク切る。白い部分は、さらに、たてに一口大に切る。鍋に入れ、豚肉は白菜に埋めるように入れる。水を1〜2カップ入れて、中強火にかける。塩を入れ、フタをして、全体が透き通るまで煮る。途中で上下を入れ替えると早い。全体がふつふつしてくれば、火を止めてもOK。フタをしたままにしておくと、余熱で火が通ります。

「白菜のちょっと煮」を使って

白菜と豚肉のかんたん

白菜と豚肉のかんたん

平日の夕食に。テーブルで煮ながら食べれば、準備時間O分です。

★材料:

白菜のちょっと煮 適量
追加の豚肉(ばら肉、こま肉など) 100〜200g
好みのつけダレ

★作り方:

鍋に材料を入れて、白菜が好みの柔らかさになるまで煮て、できあがり。ポン酢や、ゴマダレで、どうぞ。

★アレンジ:

柚子胡椒、ニンニクソース、ニラだれ(細かく切ったニラ+醤油+お酢少々)も、おすすめ。キノコ類や大根などを加えても。

お台所八宝菜

お台所八宝菜

冷蔵庫の中に少しずつあるもので、すぐに作れます。ニンジンと青色野菜を入れるのが、見た目のポイント。

★材料:

白菜のちょっと煮 適量+煮汁1〜2カップ
ニンジン 少々
青色野菜、少々(ネギの青いところ、ほうれん草や小松菜、冷凍野菜でも)
鶏肉や豚肉 適量
キノコ類、さつま揚げ、油揚げ、タケノコ・・・冷蔵庫にあるものをいろいろ
調味料(塩、砂糖、しょうゆ少々、オイスタースース大1)
片栗粉 大さじ2〜3

★作り方:

ニンジンは薄切り、青菜は食べやすいサイズに切る。フライパンを熱して、肉類を炒め、塩少々をふる。ニンジン、キノコ類を炒める。白菜のちょっと煮を適量、その煮汁も入れる。足りなければ水を足す。全体が温まったら、青色野菜、調味料を入れて、ひと煮立ち。最後に水溶き片栗粉で、トロミをつける。お好みで、最後にゴマ油をまわしかける。

白菜のクリームスープ

白菜のクリームスープ

白菜と牛乳はよく合います。優しい味で朝食にもぴったりのスープ。仕上げに、片栗粉や葛でトロミをつけると、冷めにくい。牛乳を豆乳に替えても。

★材料:

白菜のちょっと煮 適量+煮汁少々
牛乳(または豆乳) 一人当たり100t
調味料(塩コショウ少々)
(お好みで、ウインナーやベーコン)

★作り方:

小鍋に、白菜のちょっと煮と煮汁を入れ、温める。白菜が大きいようなら、食べやすく切る。好みでウインナーやベーコンを入れる。牛乳を入れ、塩一つまみを加えて、温まればできあがり。沸騰を続けると分離してくる。

★アレンジ:

チーズを加える、パンを浮かす、など、ご自由に。

生もおいしい、サラダと即席漬け

白菜とリンゴのサラダ

白菜とリンゴのサラダ

意外においしい、生の白菜。1/2や1/4で買った場合は、中央部分の小さな葉、1個の場合は、外側の葉から何枚か内側のものを使うといいでしょう。ポイントはドレッシングを、手でひとつずつ、優しく合えていくこと。レタスやキャベツのサラダにも、応用できます。

★材料:

白菜の葉 2〜4枚
リンゴ 1/2個
調味料(サラダ油大さじ1〜1.5、塩小さじ1/3、酢大さじ1〜1.5)
あればナッツ類(クルミやアーモンド、ピーナッツなど)

★作り方:

白菜の葉をドレッシングがよからむように、手でちぎる。まず、たてに折って細長くしてから、一口大にちぎる。リンゴは、皮つき(色がきれい)のまま、たて4つに切り、種をとって、5〜7mmくらいの薄切りにする。大きめのボールに白菜を入れ、手のひらに受けたサラダ油をまんべんなくまぶす。さらにリンゴをまぶしながら混ぜる。塩をふり混ぜ、お酢を手で受けながら、まぶす。器に盛り付け、仕上げにクルミやアーモンドなどのナッツ類をちらして、できあがり。

★アレンジ:

あれば、油はクルミ油、グレープシードオイルなどを使うと香りがいい。お酢は、リンゴ酢、ワインビネガーなどの酸味が少ないものが合う。
手でちぎった白菜に、濃いめのドレッシングをかけるだけでもおいしいです。写真はゴマドレッシング。

ドレッシングをかけただけサラダ

昆布茶でかんたん白菜漬け

昆布茶でかんたん白菜漬け

伝統的な白菜漬けは、白菜を洗って干して、塩で数日下漬け、さらに本漬け1週間、と手間と時間がかかる漬物です。その雰囲気を味わう、昆布茶をまぶすだけの即席漬けです。

★材料:

白菜の葉 適宜
昆布茶粉末 白菜の葉1枚につき、お茶1杯分相当

★作り方:

白菜を1cm幅くらいに切り、大き目の(普通の)ビニール袋へ。昆布茶をふりかけて全体に行き渡らせ、袋の上から軽くもむ。袋の空気をぎゅっと抜き、口をしばる。すぐに食べられるが、しばらく置いた方がなじんでおいしい。1日以上たつとさらに水分が出て、白菜漬風になる。

★アレンジ:

一度塩をまぶしてしばらく置き、出た水分絞ってから塩昆布を混ぜる方法は、より本物に近づいたお味になります。

(料理人見習:小野絢子)