マンション管理の東洋グリーン建物株式会社
東洋グリーン建物株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目17番41号 赤坂アネックス3F TEL:03-6862-7511
お問い合わせ
トップページへ戻る  

東洋グリーンのサービス   マンション管理の知識   マンションの住環境   生活カレンダー


  生活カレンダートップページへ戻る 直前の部分へ戻る

素材をたのしむ料理

りんごを料理にも使いましょう

1日1個のりんごで医者いらず、のことわざがあるほど、りんごの効果や効能は豊富です。
疲労回復や整腸効果があり、動脈硬化や高血圧を防ぎ、お肌つやつやの美容効果もあるといわれます。

りんごはニンジンや白菜、セロリなどの野菜や、豚肉、鶏肉などとも相性がいいので、そのまま食べるだけでなく、毎日の調理に取り入れていきましょう。



すりおろしりんごで

懐かしいすりおろしりんご。皮つきのまますり下ろすと、栄養たっぷりです。

そのまま食べるのもいいですが、アレンジもいろいろです。

ホットりんごとヨーグルト

ホットりんごとヨーグルト

翌朝のお通じが期待できる、りんごとヨーグルト。
レンジで温めるだけで、食感と口当たりが変わります。

★材料:

りんご 1/4〜1/2個
ヨーグルト 適量
好みで、はちみつや粉砂糖

★作り方:

りんごを皮ごとすおろす。ヨーグルトを加えて、電子レンジで、1分くらい加熱。
※電子レンジで温めるのは、りんごだけでもいいし、全体を温めてもお好みで。

りんごドレッシング

りんごドレッシング

ニンジンのせん切り、水菜やレタス、海藻、豆腐など、なんでも合う万能ドレッシング。ゆでた豚肉などにも。

★材料:

りんご 1/4個
お酢 大さじ1(あればりんご酢など、酸味の強くないもの。醸造酢なら大さじ2/3)
好みの野菜や水切り豆腐など

★作り方:

りんごをすりおろして、すぐにお酢を加えて混ぜる。

★アレンジ:

レタスや水菜などの葉物には、サラダ油やなたね油などを加える。
豆腐などには、塩、コショウをふっても。

煮りんごを使って

りんごのコンポート風

りんごのコンポート風

りんごに火を通しておくと、いろいろな料理に応用できます。あっという間にできあがります。砂糖分を減らしているので、ジャムより保存期間は短くなりますから、ヨーグルトに、トーストに、料理にと、どんどん使いましょう。
皮つきで煮ると色がきれいなのですが、皮むきしたほうが舌ざわりはなめらかです。ほんのりピンク色に染まるように、むいたあとの皮を入れて煮ました。煮あがった後に取り出します。皮をそのまま食べることもできます。

★材料:

りんご 1〜2個
水 1個あたり150t
砂糖 1個あたり大さじ1〜1.5(りんごの糖分によって加減する)
レモン ひと切れ(またはお酢小1)

★作り方:

りんごの皮をむき、8つ割りにして、芯をとり6〜7ミリの厚さに切る。鍋にりんごと皮(長いもの)、そのほかの材料を入れる。フタをして中弱火で、透き通るまで煮る。最後に、フタをとり、中火で水分がほぼなくなるまで、煮つめる。煮あがったら、粗熱をとり、容器に入れます。

★アレンジ:

ジャムにするには、水をもう少し多くして、砂糖を3倍くらいに増やして、しっかり煮詰める。保存は熱いうちに熱湯をくぐらせて殺菌した容器に、上まで入れ、フタを締めます。
サツマイモを輪切りにしたものと一緒に煮ると、デザートや箸休めに。

みんなが大好きりんごのコンポート風入りホットケーキ

みんなが大好きりんごのコンポート風入りホットケーキ

ホットケーキに混ぜて焼いてみました。小さめにして厚めに焼くと、作りやすいです。

★材料:

りんごのコンポート風 1/2〜1個分
ホットケーキミックス 200g
卵 1個
牛乳または水 120〜140t(製品の表示よりやや少なめに)
なたね油 大さじ2

★作り方:

ボールに卵を割りほぐし、牛乳(水)を規定量より少なめに入れる。ホットケーキミックスを入れ、ざっくり混ぜる。少しもったりとした感じになるまで、数分放置する。フライパンを中火で熱して、予熱しておく。ボールに、なたね油とりんごのコンポート風を加えて混ぜる。フライパンで焼く。

★アレンジ:

焼く前に、なたね油などできるだけ上質な油、または溶かしバターを加えると、冷めても固くなりにくいです。
りんごの量を増やして、ホットケーキでまとめるぐらいの感じにすると、ケーキのようになります。

りんごと豚肉のノルマンディー風

りんごと豚肉のノルマンディー風

ノルマンディー風とは、フランスの北部地域の特産品、バターや生クリーム、リンゴに、海産物や豚肉など海と山の幸を組み合わせた、フランスの定番料理です。簡単なのに、とてもおしゃれなメインの一皿。ここでは、豚肉に小麦粉をやや厚めにつけて、生クリームの代わりに牛乳を使って軽い仕上がりにしました。

★材料:

りんご 1/2〜1個
豚肉 1人あたりスライス肉5枚くらい(またはソテー用)
牛乳 150〜180cc
調味料(サラダ油大1、塩小1/2、コショウ、あれば白ワイン)
小麦粉 大さじ1.5〜2

★作り方:

りんごを8つ割りにして、1pくらいの厚めに切る。りんごを鍋に入れて水100ccを入れ、透き通るまでゆっくり蒸し煮する。豚肉は、スライスなら重ねて厚くして、塩コショウをふって、全体に小麦粉をしっかりつける。フライパンを熱してサラダ油を入れ、肉の両面を中火で焼く。ここに蒸し煮したりんごを汁ごと加えて、煮詰める。牛乳を加えて、弱火でさらに煮詰めながら、全体に火を通す。焦げやすいので、肉がフライパンにくっつかないように、全体を時々混ぜる。全体にトロミが出てきたら、塩をふる。ふだんより、やや強めの塩気がりんごと合います。

★アレンジ:

豚肉は厚みのあるソテー用がおいしいが、スライス肉でも、同じようにできます。スライス肉を重ねるほか、小間肉をくるくる一口大に巻くのも手軽です。作りおきの「りんごのコンポート風」を使えば、あっという間にできます。牛乳のかわりに、白ワイン(あればりんごで作ったシードル)を多めに入れて、蒸し煮するのもおススメ。よりさわやかな仕上がりと香りです。

(料理人見習:小野絢子)