マンション管理の東洋グリーン建物株式会社
東洋グリーン建物株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目17番41号 赤坂アネックス3F TEL:03-6862-7511
お問い合わせ
トップページへ戻る  

東洋グリーンのサービス   マンション管理の知識   マンションの住環境   生活カレンダー


マンションの住環境
  マンションの住環境トップページへ戻る 直前の部分へ戻る

大規模修繕工事のポイント

給水管洗浄

給水管には、長期間使用するうち自然に、サビやヌメリがつきます。サビは、水道水に含まれる塩素と酸素が水道管の鉄分と結びついて生じ、蓄積すると「サビこぶ」と呼ばれる状態になります。また、水道水中に僅かに含まれるバクテリアが繁殖してヌメリが生じたり、スケール(カルシウムやマグネシウムの結晶)もたまっていきます。塩ビライニング鋼管でも、ヌメリやスケールは避けられませんし、継ぎ手部分などはサビが生じます。これらの汚れは水道管を劣化させ、水質を悪くし、赤サビ、赤水の原因になります。

そこで定期的に給水管の内壁の汚れを落とす必要があります。
もっとも多用されている洗浄方法は、オゾン洗浄と呼ばれるものです。
オゾンは酸素原子を3個もつ気体で、すぐに酸素原子1個を放出して周囲の物質と酸化反応を起こす性質があります。そこで、給水管内にオゾン水(オゾンガスと水を混合したもの)を流し、バクテリアの細胞膜を酸化して死滅させる。これがしくみです。
不安定なオゾンおよびオゾン水をつくる装置は、いくつもの会社が開発していて、それぞれの名称で給水管洗浄工事の分野に使われています。
オゾン水を流して、赤サビやヌメリを除き、さらに圧縮空気で、水を高速で流して、その衝撃力で汚れを押し流します。
さらに、サビをとした後、塗装すれば、ライニング(管更正工事)と呼ばれる工事になります。

こうした給水管洗浄をすることで、水道水の安全性を維持し、また給水管の法定耐用年数15年を大幅に上回って長持ちさせることができます。