マンション管理の東洋グリーン建物株式会社
東洋グリーン建物株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目17番41号 赤坂アネックス3F TEL:03-6862-7511
お問い合わせ
トップページへ戻る  

東洋グリーンのサービス   マンション管理の知識   マンションの住環境   生活カレンダー


マンションの住環境
  マンションの住環境トップページへ戻る 直前の部分へ戻る

光熱(電気・ガス・水道)

夏の効果的な節電

消費電力が増大する夏に向って、資源エネルギー庁や電力会社は節電の呼びかけに懸命。企業のオフィスビル、大規模工場など大型の電力消費施設の節電に加えて、家庭での節電もばかにならない力になるといいます。電気代の節約と思って、無理なくできる節電を考えてみましょう。

夏の電力消費といえば、やっぱり冷房。エアコンの設定温度を1℃上げるとほぼ10%の節電になるそうです。「設定温度は27℃に」と電力会社は呼びかけていますが、多くの人はこれでは暑いと思うことでしょう。でも長時間冷房の室内にいる場合は、この設定温度も適切だと感じるはずです。
室温を上げないために窓の断熱をすると効果があります。
断熱の方法として、ブラインドやカーテンをするだけでも、日差しによる室温の上昇をかなり防ぎます。
窓ガラスを熱の通りにくいガラスに替えるのも非常に効果があります。ガラスを二重や三重にして間に空気の層を入れた複層ガラスや三重ガラス、低放射性の特殊金属膜をコ−ティングしたLow-Eガラスは、断熱性が高いものです。
窓辺に緑を配したりして、直接室内に日差しが入らないようにするだけでも違うものです。


エアフィルターの清掃も、省電力にはたいせつなことです。フィルターがほこりで目詰まりしていると、エアコンのパワーが落ち、希望温度まで長時間つけることになるので結果として電力を多く消費します。
フィルターのお掃除は、2週間に1回くらい、掃除機でほこりを吸い取ればカンタンです。汚れがひどくてベトついている場合は、洗剤で洗い、よく乾かします。
また室外機の周囲にはものを置かないようにしましょう。

光熱についてのご相談は → kaitekimansion@toyogreen.net