マンション管理の東洋グリーン建物株式会社
東洋グリーン建物株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目17番41号 赤坂アネックス3F TEL:03-6862-7511
お問い合わせ
トップページへ戻る  

東洋グリーンのサービス   マンション管理の知識   マンションの住環境   生活カレンダー


マンションの住環境
  マンションの住環境トップページへ戻る 直前の部分へ戻る

光熱(電気・ガス・水道)

床暖房

もっとも気持ちがいい暖房といわれる床暖房。現在住んでいるところにもかんたんに付加できる床暖房システムがいろいろ出ています。

空気式、温水式、温砂式、PTC面状発熱体など暖める素材による区別と、電気、ガス、灯油というエネルギー源による区別があります。
 工事方式には、床下に発熱体を組み込む、現状の床の上に温水マットなどを敷き、新たな床を載せる、畳や床を発熱体が組み込まれた畳や床と交換するといった方法があります。

床暖房にはさまざまな利点があります。
エアコンで行う暖房は、空気が対流して室内の空気全体を暖めます。暖かい空気は上に行くので、アタマがぼーっとなるほどに暖めても、足元は寒いという欠点があります。これに対して床暖房は、床に直接触れる足元は伝導熱で暖まり、室内は輻射熱でムラなく暖まります。輻射熱とは発熱体から出た熱が物体に当たってそれを暖める熱のこと。床暖房機器が床を暖め、そこからさらに室内の壁や天井を暖めて再輻射する熱の伝わり方によっておだやかな暖かさが得られます。だいたい室温18度で床表面温度28度になります。したがって室温をさほど上げなくても足元やお尻が暖かく、全体の室温をあまり上げなくても暖かく感じる利点があります。

空気を汚さないという長所もあります。灯油・ガスなどの燃焼ガスが室内に入らないし、温風で生じる乾燥やハウスダストが舞う欠点もありません。
 
費用の目安は、8畳間で20〜60万円。
光熱費は月額5000円前後です。

設備費の幅は、暖房設備の差です。温水マットを置くだけのものと、床を張り替えてしまうものとでは開きがあります。


床暖房機器(システム)メーカーと床材メーカーは業種が異なります。床暖房を施す際はさらに工事会社が加わります。床暖房では、暖房温度に耐え得る床材を使用しないと、はじめのうちは異常がなくても時間が経つと反り返りやちぢみ現象が起こります。信頼できる施工業者にリフォームを依頼し、商品の選定にもアドバイスを受けましょう。

★キャンペーン実施中 ->>

光熱についてのご相談は → kaitekimansion@toyogreen.net