マンション管理の東洋グリーン建物株式会社
東洋グリーン建物株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目17番41号 赤坂アネックス3F TEL:03-6862-7511
お問い合わせ
トップページへ戻る  

東洋グリーンのサービス   マンション管理の知識   マンションの住環境   生活カレンダー


マンションの住環境
  マンションの住環境トップページへ戻る 直前の部分へ戻る

光熱(電気・ガス・水道)

電池交換

エアコンやテレビのリモコンが動かなくなったら、まず乾電池が切れてしまったことが疑われます。交換の際は、より有効に使える乾電池に交換しましょう。
取扱説明書に最適な電池が示されているものはそれに従います。特に示されていない場合、一般にテレビなどのリモコンに使用されている乾電池は、マンガン乾電池か、アルカリマンガン乾電池(アルカリ乾電池)です。

マンガン乾電池とアルカリ乾電池の違いは、電解液の違いです。マンガン乾電池は電解液に塩化亜鉛または塩化アンモニウムを用い、アルカリ乾電池は水酸化カリウムが使われます。水酸化カリウムは電流が流れやすいので、大きな電流を放電できるという利点があります。

アルカリ乾電池は大きな放電量があるので、デジタルカメラ、ヘッドホンステレオ、モーターを使うおもちゃなど、大きな電力を、比較的長い時間使う場合に適しています。
一方、マンガン乾電池は、間欠放電であれば、休んでいる間に電圧が回復するので放電容量の低下が避けられるという性質があるので、瞬間的に大きな電力を時々使うリモコンやガス・石油機器の自動点火装置などに適しています。また小さい電力を長時間使う時計などにも適しています。

なお、乾電池には使用推奨期限があります。使用されずに保管されていた場合に、規格で定められた性能を発揮する期限を定めたもので、乾電池の側面に「10-2010 : 2010年10月
」のように印字されています。


交換する際は、古いものと新しいものを混ぜて使ったり、マンガン電池とアルカリ電池とを混ぜて使うことは避けましょう。液漏れの原因になります。またスイッチの切り忘れ、使い切った電池を入れっぱなしにするのも液漏れの原因になります。

光熱についてのご相談は → kaitekimansion@toyogreen.net