マンション管理の東洋グリーン建物株式会社
東洋グリーン建物株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目17番41号 赤坂アネックス3F TEL:03-6862-7511
お問い合わせ
トップページへ戻る  

東洋グリーンのサービス   マンション管理の知識   マンションの住環境   生活カレンダー


マンションの住環境
  マンションの住環境トップページへ戻る 直前の部分へ戻る

光熱(電気・ガス・水道)

冷蔵庫の温度

冷蔵庫には庫内温度の調整ダイヤルが付いていますが、購入時(出荷時)は真ん中の温度に調節されています。この温度はいったい何度に設定されているでしょうか。ふだん調節する必要があるのか、また適正な温度に保つためにはどんな工夫が必要かについても考えてみましょう。

メーカーによって異なりますが、出荷時に設定されている庫内温度はだいたい、冷蔵庫は3℃〜6℃、冷凍庫は-18℃〜-20℃ほどになっています。そして、周囲温度32℃とか周囲温度30℃などと取扱説明書には但し書きが付けられています。

この出荷時の庫内温度を、メーカーそれぞれが、「中」「通常」、あるいは数字で表される場合は真ん中の数字(1〜5なら、3)にして、調節されてます。調整ダイヤルを強いほうに動かすと、2℃〜3℃低い温度設定になります。逆に弱いほうに動かすと、設定温度を2℃〜3℃高くできます。最新機種は庫内温度の自動調節機能が付いているものもあります。

この設定温度は、ドアの開け閉めをせず、中には何も入っていない状態においての、庫内の真ん中の温度が基本となっていますので、実際に使用している時は、食品の入れ方や、ドアの開閉頻度によって庫内温度は変化します。
通常は出荷時の設定温度で使用すれば、最適な温度と考えてよいのですが、冷えないと感じる時は、一時的に強めにして使用し、冷えてきたらもとに戻すという調節は有用です。

夏季は周辺温度が高いので、冷えにくいと考えがちですが、開閉頻度、入っている食品量の影響が大きいため、季節に合わせて調節するのがよいとは限りません。食品を詰め込み過ぎている場合は、冷気が庫内に万遍なく行き渡らないことも考えられます。特に冷気の吹き出し口をふさがないようにしましょう。

また、冷気の吹出口近くは冷えやすく、ドアポケットでは庫内より一般に1℃〜2℃高くなります。そうした特性も考えて、適した場所に食品を保存するとよいでしょう。
使用時にはドアの開閉を素早くしたり、庫内に冷気が平均的に流れるように食品の入れ方を工夫することが、庫内温度を適切に保つためには有効ですし、節電にもつながります。

終日暖房をする時期を迎える前に、一度、庫内を空っぽに近い状態まで整理して、あわせて清潔にしておくことも、冷蔵庫が十分に機能するために役立つのではないでしょうか。