マンション管理の東洋グリーン建物株式会社
東洋グリーン建物株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目17番41号 赤坂アネックス3F TEL:03-6862-7511
お問い合わせ
トップページへ戻る  

東洋グリーンのサービス   マンション管理の知識   マンションの住環境   生活カレンダー


マンションの住環境
  マンションの住環境トップページへ戻る 直前の部分へ戻る

通信(インターネット等)

インターネット常時接続

パソコンでインターネットを常時接続で使いたい!マンション生活でそれを実現するにはどんな方法があるのでしょうか。

従来の電話回線利用では、インターネットに接続中はふつうの電話がつながらない、絵が表示されるまでに時間がかかるといった問題が生じます。それを解消したのがISDNですが、動画や音声をたのしむのには速度の面で少々ストレスを感じるのではないでしょうか。そこで、マンション生活での快適なインターネット接続方法を研究してみました。

マンションでのインターネット利用には、2つの方法があります。1つは個人でインターネット接続をする方法。もう1つはマンション全体でインターネット回線を利用するインターネットマンション化です。ここでは、個人でできるものからマンション全体で取り組む方法まで、各種の接続方法を概観します。



電話回線利用の悩みは、当然電話料が掛かること。インターネットをやっている間中電話を掛けっ放しということになれば、電話料がかさみます。そこで今注目されているのが、常時接続でも費用が一定である方法。
その一つが、ADSLです。ADSLにすると、ホームページを何時間見てもチャットを何時間交信しても、通信料は定額です。ADSLは電話回線の電話に使う周波数の外の部分を利用します。ADSLはxDSL(Digital Subscriber Line=デジタル加入者線)の一種です。
ブロードバンドとは本来広域データ伝送の方式を意味するのですが、ここでは高速大容量のデータ伝送を指しています。ADSLはブロードバンドの1つの方式ということになります。(これに対してISDNはナローバンドです)
ではADSLにするにはどうすればよいのか。フレッツADSL、e-access、So-net ADSL、ODN、OCN、DION、Yahoo BB・・・。どれを選んだらよいのかワカラナーイ。それによく見るとSo-netのフレッツADSLという方式もある。
ADSLのサービスに入るのは、パソコンでインターネットを利用するためです。インターネットを利用するには、プロバイダに入らなくてはなりません。そこでADSLサービスとプロバイダ加入をセット販売して、安さを競っているのです。フレッツADSLはNTTのブロードバンドで、プロバイダは別に選ぶ必要があります。カバーしている地域が圧倒的に広いですが、両者の合計金額がランニングコストになります。
ADSLは、ISDNとは共存できません。隣がISDNにしているとできない場合もあります。また電話局から離れているとできないため、都市部ではできても郊外の住宅地ではできないということがあります。




CATV網を利用して提供されるインターネット接続サービスがあります。ケーブルテレビに加入して、ケーブルモデムにCATVの同軸ケーブルを接続し、それをパソコンに接続します。ケーブルテレビ加入とインターネット常時接続が合わせてできるので人気があります。
ケーブルテレビが受信できないマンションも多いでしょう。またケーブルテレビの共同受信設備が整っているからといって、インターネット接続の設備が整っているとは限りません。ケーブルテレビおよびケーブルインターネット導入には、マンション全体の合意(総会決議)が必要となります。




ブロードバンドは、光ファイバによって完結すると、現段階では言われています。
信号を光に変えて、繊維(光ファイバ)の線を通して伝達する方法です。光なので速く遠くまで届くのがメリットです。光ファイバは電話線のように敷きつめられているわけではありませんが都市部では、かなり普及してきました。家庭で光ファイバを利用する場合、NTTの光ファイバ「Bフレッツ」は、電柱で分岐します。そこから通気孔などを通して自分の家に引き込んで、そのケーブルをメディアコンバータを通してパソコンのLANポートへつなぎます。この方式をFTTH(Fiber To The Home)と呼んだりします。
しかしマンションでは、一軒の家だけが光ファイバを引き込むことは、多くの場合できません。そこで共同で引き、それを各戸に分配する方式を取るマンションが増えてきています。
マンションまで光ファイバを引き込むところまではいずれも同じですが、そこから各戸への伝送の方法はいろいろあります。電話線を使うhomePNA方式、VDSLと電話線を使う方式、 無線を使う方式があります。無線を使う場合は、マンションの屋上に親機を置いて受信し、そこから各戸の子機へ伝送したり、テレビ配線を利用する方式などがあります。これらの方法のものを導入するには、マンション全体の合意(総会決議)が必要となります。




マンションの屋上に親機を設置する以外に、無線インターネット事業者の無線基地局から、自宅に置かれた子機(アンテナなども含む)の間を無線を使って結ぶこともできます。CATVインターネットやFTTHほど大規模な工事は必要なく、個人で導入できますが、近くにビルなどの障害物があると電波を受信できず申し込めないなどの欠点もあります。


以上、インターネット常時接続のためのブロードバンドのあれこれを見てきました。最近の新築マンションは、マンション全体でインターネット回線を利用するインターネットマンションが多くなっています。現在住んでいるマンションをインターネットマンションにするには、共用部分に工事が必要であり、工事費や維持費が発生します。しかしながらインターネットや多様な放送受信への対応は、今では生活に欠かせないものです。マンション管理組合と管理会社は、一様にこの問題に取り組みはじめています。


マンションにインターネットを導入するには、総会での承認は必要?

マンションにインターネット設備を導入するには、マンションの共用部分に機器などの設置が必要なため、敷地および共用部分の変更(改良を目的とし、かつ、著しく多額の費用を要しないものを除く)〈標準管理規約第45条3項〉に当たり、総会での承認が必要です。
基本的には、区分所有者総数の4分の3以上および議決権総数の4分の3以上で決しますが、費用が多額でない場合には過半数の承認でもよろしいかと思います。
また、導入に当たり、専有部分または専用使用部分の使用に特別の影響を及ぼすときは、その専有部分の専用使用が認められている組合員の承諾を得なくてはなりません。(その組合員は正当な理由がなければこれを拒否してはならない)