マンション管理の東洋グリーン建物株式会社
東洋グリーン建物株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目17番41号 赤坂アネックス3F TEL:03-6862-7511
お問い合わせ
トップページへ戻る  

東洋グリーンのサービス   マンション管理の知識   マンションの住環境   生活カレンダー


マンションの住環境
  マンションの住環境トップページへ戻る 直前の部分へ戻る

通信(インターネット等)

地上デジタルテレビへの切り替え

2003年12月1日から、東京・大阪・名古屋を基点に地上デジタルテレビ放送が始まりました。これから全国に放送地域を広げていき、2011年には完全移行するのが総務庁の計画です。デジタルテレビ時代はほんとうに来るのでしょうか。誰もが抱くいくつかの疑問点にお答えします。




地上デジタルテレビ放送は、今は東京・名古屋・大阪圏のみで放送されているだけなので、これ以外の地域ではまだ観ることはできませんが、いずれ視聴範囲は広がって行きます。
手持ちのテレビに、地上デジタルテレビ放送用チューナーを取り付けることによって地上デジタルテレビ放送を観ることができます。新しいテレビを購入する際は、地上デジタルチューナー内臓のテレビを購入することになります。
また、地上デジタルテレビ放送はUHF波に載るので、新たにUHFテレビアンテナに交換する必要があります。現在UHFテレビアンテナを取り付けている場合はそのままです。
現在ケーブルテレビに加入している場合は、2つのケースに分かれます。テレビにチューナーを取り付ければデジタル放送を見ることができるケースと、加入プランをデジタル放送受信プランに変更しレンタルされる機器を取り付けるケースです。ケーブルテレビ会社
が採用している方式が同一周波数パススルーかトランスモジュレーションかによって異なるので、ケーブル会社に問い合わせる必要があります。
なお、デジタルハイビジョン放送を見るには、デジタルハイビジョン対応のテレビでなくてはなりません。画面がワイドなふつうのテレビにデジタルチューナーがついていてもハイビジョンにはなりません。




テレビが送り出す画像と音声の情報は、従来はアナログ信号で送られています。それをアナログより大量に正確な情報を送ることができるデジタル信号で送ろうというのがデジタルテレビです。
では地上デジタルとは何でしょう。地上は衛星に対する言葉で、地上波を使って信号を送ることです。実は放送がデジタルに移行することには誰も異論がないのですが、地上デジタルには疑問を呈する専門家が少なくありません。衛星放送があるばかりでなく、今後は電波ではなく光ファイバーなどに載せて情報を送ることが普及すると見込まれるのに、地上波を使う放送に新たに大きな投資をする必要はあるのか、というのがその理由です。
それでもこのように大々的に地上デジタルテレビに切り替えることになったのは、地上波がアナログ周波数でいっぱいになってしまっていること、アメリカやイギリスで地上デジタル放送が始まっていることが理由と言われています。デジタル放送は、同じ周波数が重なっても干渉を起こす率が低く、広域エリアを1つの周波数でカバーすることができるので、電波を別の用途に使う可能性が広がるのです。





高画質・高音質の映像を送ることができる、データ放送により地域情報サービスや双方向サービスが可能になる、多チャンネル化できるなどの特徴があります。
データ放送とは、静止画像や文字情報などをテレビの電波に載せて流すものです。
データ放送で地域ニュース、天気予報、交通情報などのデータ放送を受信して、それを随時静止画像で取り出すことができます。また番組に関連したデータ放送であれば、視聴者は番組に参加して買物をしたり、クイズに回答したりすることもできます。(視聴者からのデータの送信は電話回線を利用)これを双方向利用と言います。
1つの放送局から複数の映像や音声を同時に送ることができる多チャンネル化によって、いくつものカメラがとらえた映像を同一画面で見たり、番組ガイドをテレビ画面でみたり、字幕放送や解説放送が充実します。
なお、デジタルテレビは今までのアナログテレビより高画質・高音質ですが、デジタルハイビジョンではさらに美しい画像になります。ただしそれには、デジタルハイビジョン対応のテレビ受像機でなくてはなりません。





2003年12月1日から東京・名古屋・大阪圏で地上デジタルテレビ放送が始まっていますが、
並行して従来のアナログテレビ放送も継続しているので、アナログテレビは不自由なく見続けることができます。
ただしUHFアナログ放送は混信の可能性があるのでアナアナ変換が進められています。
そして総務省は2011年でアナログテレビ放送を打ち切る計画でデジタル化を進めています。その時は、従来のアナログテレビでは、デジタルチューナーを取り付けないとテレビ放送を見ることができなくなります。





一般家庭のテレビ受像機の“アナアナ変換”が、総務省によって行われています。作業員が家庭を回って、アンテナの取り換えとテレビのチャンネルの再設定などをするもので、既に該当地域には総務省から案内が届いているはずです。(UHFアンテナはそのまま)
現在のアナログテレビの放送はVHF帯(90〜220MHz)の電波を使っています。地上波デジタル放送はUHF帯(470〜770MHz)を使うので、UHF帯の中を区画整理して移行に備えようというわけです。つまりこれは現在UHFテレビが使っているUHF帯のアナログ波を別の周波数に移す作業であり、VHF帯を使っているテレビ電波の移行ではありません。
総務省は2006年までかけて、全国のUHF利用地域の家庭に、無料で変換サービス行うことを決めています。変換が必要な家庭には、順次総務省からの案内が配られます。


地上波デジタルテレビを観るためには、マンションの共同アンテナがUHFアンテナでなくてはなりません。現在アンテナがUHF対応しないものの場合は、デジタル放送の帯域を受信できる共同受信用アンテナの設置やブースタの調整または交換などが必要です。また、UHF対応のアンテナであっても、向きを調整しなければならない場合もあります。


通信についてのご相談は → kaitekimansion@toyogreen.net