マンション管理の東洋グリーン建物株式会社
東洋グリーン建物株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目17番41号 赤坂アネックス3F TEL:03-6862-7511
お問い合わせ
トップページへ戻る  

東洋グリーンのサービス   マンション管理の知識   マンションの住環境   生活カレンダー


マンションの住環境
  マンションの住環境トップページへ戻る 直前の部分へ戻る

通信(インターネット等)

インターネットの接続工事

パソコンのインターネット回線は、大容量に対応したFTTH(光ファイバ)の利用がいよいよ主流になってきました。FTTHのサービス提供エリアが広がり、インターネットでの動画や音楽の利用サービスが充実してきたからでしょう。
インターネット回線に電話回線が使われていた場合は、各戸で接続工事をすることができましたが、ケーブルテレビ(CATV)や光ファイバの場合は、マンションの建物全体で回線を共同利用し、そこから各戸に利用回線を延ばすことになります。

マンションにケーブルテレビ共同受信設備がある場合は、これにインターネット接続の工事を行います。
光ファイバを利用する場合は、まず、近くを通る光ファイバをマンションの建物に引き込む工事を行い、その後、マンション内の各戸につなぐ工事が必要になります。
これらのことは、マンション全体の問題なので、導入については総会に諮り、決定をみなければなりません。
すでにマンションに光ファイバが敷設されていれば、建物内部の配線の変更を行います。

マンション内の回線接続方式には、次の2つがあります。
@既設電話線を利用するVDSL方式
A光ファイバ専用のLANケーブルを利用するLAN方式
各戸へ無線LANで通信することも考えられるますが、他の電気設備との電波干渉による通信エラーの発生が予想されます。

光ファイバ回線の利用は、プロバイダとセットになって価格競争が起こっています。マンション全体にプロバイダもセットで提供するプランを販売している工事会社もあります。
マンションでは個々の家庭で光ファイバを新たに導入することは困難です。パソコンなど使わないという人もいるでしょうし、ADSL回線を導入済みで、変更を望まない人もいるでしょう。
回線の共同利用については、組合員の総意がかたまるまで十分に検討する必要があります。


マンションの共通ケーブルと各戸をLANでつなぐことと、家庭内をLAN環境にするのは別のことです。家庭内での無線LANは、工事の必要はありませんが、パソコンへの設定は必要です。


通信についてのご相談は → kaitekimansion@toyogreen.net