マンション管理の東洋グリーン建物株式会社
東洋グリーン建物株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目17番41号 赤坂アネックス3F TEL:03-6862-7511
お問い合わせ
トップページへ戻る  

東洋グリーンのサービス   マンション管理の知識   マンションの住環境   生活カレンダー


マンションの住環境
  マンションの住環境トップページへ戻る 直前の部分へ戻る

通信(インターネット等)

マンションの地上デジタル放送対応

〜アンテナの場合とケーブルテレビの場合〜

地上波デジタル放送が普及してきました。2011年からは地上波アナログ放送は姿を消すとあって、テレビの機種もすっかりデジタル対応です。マンションでも共同アンテナを地上波デジタル対応に調整するところが相次いでいます。マンションで地上波デジタル放送を見るためには、マンションの電波受信設備とテレビ受像機に準備が必要です。

マンションの建物全体で受信しているなかには、共同アンテナの場合とケーブルテレビ経由の場合があるでしょう。

@共同アンテナで受信しているマンションの場合
地上波デジタル放送はUHFの電波を使うので、UHFアンテナを設備します。またブースター(アンテナから各戸のテレビまで信号を送る際に電波を強める増幅器)の調整または交換が必要になります。

Aケーブルテレビを導入しているマンションの場合
地上波デジタル放送が始まっている地域ではすでにケーブルテレビの会社が、地上波デジタル放送に対応しているでしょう。ケーブルテレビ経由でそのまま地上波デジタル放送が受信できます。

各家庭のテレビも地上波デジタル対応である必要があります。地上波デジタル対応のチューナーを接続すれば手持ちのテレビでも視聴できます。ただし、地上波デジタル放送を受信できるテレビなら、地上波デジタル放送の特徴であるハイビジョン画面やデータ放送が見られるわけではありません。ハイビジョンにはハイビジョンテレビである必要があります。
新しい型のテレビには、地上波デジタル放送用のチューナーが内蔵されています。対応していないテレビは、地上波デジタル放送対応チューナーを購入して接続します。ケーブルテレビ経由で見る場合は、別に機器を接続する場合もあります。

共同アンテナはマンション居住者の共有部分なので、管理組合は、まず共同アンテナの状態を確認し、地上波デジタル放送に対応する工事が必要な場合は、工事をするかどうかを管理組合で決める必要があります。規約によっては総会決議に属することも考えられるので注意が必要です。


通信についてのご相談は → kaitekimansion@toyogreen.net