マンション管理の東洋グリーン建物株式会社
東洋グリーン建物株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目17番41号 赤坂アネックス3F TEL:03-6862-7511
お問い合わせ
トップページへ戻る  

東洋グリーンのサービス   マンション管理の知識   マンションの住環境   生活カレンダー


マンションの住環境
  マンションの住環境トップページへ戻る 直前の部分へ戻る

通信(インターネット等)

無線LANのセキュリティ

配線をしなくても、家の中のどこからでもインターネットが使える無線LANは便利なものですが、誰かに通信を傍受されるとかアクセスポイントを代用されたりするかもしれないというセキュリティの問題が浮上します。通信を行う自分のパソコンのセキュリティ対策として必要なことをチェックしておきましょう。

家庭の無線LANのセキュリティ対策には、無線LANのアクセスポイントと無線LAN端末(ノートパソコン等)の間の情報を暗号化する暗号化方式と、アクセスポイントと無線LAN端末の双方に「カギ」を付ける認証設定方式とがあります。両者を併せて設定することが、危険回避率を高めます。

暗号化方式には、WPA-PSK方式やWPA2-PSK方式等があります。無線LANのアクセスポイントと無線LAN端末に共通の「PSK(Pre Shared Key)」(21文字以上が望ましい)を登録しておき、通信を暗号化します。WPA2-PSK方式はWPA-PSK方式の進化形で、より強固な技術です。
これ以前の暗号化技術にWEP方式がありますが、これから無線LANの機器を購入する場合は、WPA-PSK方式やWPA2-PSK方式が搭載されているものを選ぶのがよいでしょう。

認証設定方式には、MACアドレスによるフィルタリングがあります。
MACアドレスによるフィルタリングとは、無線LANのアクセスポイントに無線LAN端末のMACアドレスを登録し、認証されていない外部からは、ネットワークへの侵入が難しくなります。

このほか、無線LANの存在を隠すことも有効です。SSIDはアクセスポイントの識別子ですが、このSSIDを隠蔽する機能(ステルス機能)を使えば、アクセスポイントの存在を隠すことができます。また、アクセスポイントとSSIDが一致する無線LAN端末のみが通信可能となります。設定に際して、SSIDに「ANY」を設定した第三者やSSIDを空欄にしている第三者からの接続を拒否する設定にすることも大切です。

最近の無線LANはセキュリティ機能を強化したものが登場してきています。またパソコンのほうも、LAN設定と同時にセキュリティ設定ができるソフトが購入時に付いているものもあります。なお、無線LANには規格があります。古い機種のパソコンの場合は、無線LANの規格と対応できるかの確認が必要です。


通信についてのご相談は → kaitekimansion@toyogreen.net