マンション管理の東洋グリーン建物株式会社
東洋グリーン建物株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目17番41号 赤坂アネックス3F TEL:03-6862-7511
お問い合わせ
トップページへ戻る  

東洋グリーンのサービス   マンション管理の知識   マンションの住環境   生活カレンダー


マンションの住環境
  マンションの住環境トップページへ戻る 直前の部分へ戻る

空調(温度・湿度・空気)

吸気と排気があっての換気

「換気扇を回してもどうも換気が悪い」とご相談をいただき、そのマンションに伺いました。点検したところ、換気扇自体は特に悪いところがありません。換気扇のお掃除もきちんとされています。そこで部屋の内外をいろいろ見てみますと、室内に外気の取り入れ口が見当たりません。外部にはきちんと取り入れ口がついているのですが、室内側にないのです。

結局、部屋の改装をした際に、誤って外気取り入れ口の内部側を、作り付け家具でふさいでしまっていたことがわかりました。 え?室内の外気取り入れ口って?とお思いの方はいらっしゃいませんか?

マンションの外気取り入れ口の典型的なものは、室内と外部をつないでいる換気孔(レジスター)です。通常は開閉羽根がついていて開閉できるようになっていますから、これを常時開いておくと、外気を取り入れることができます。

もちろん窓を開けて外気を取り入れてもよいのです。レジスターが付いていない部屋では窓を開けて換気します。その際、窓を大きく開くより少し細めに開けて換気扇を回すと、空気の流れをスムーズにすることが出来ます。

(一級建築士 田村和平)


レジスターはうっかりすると埃だらけです。カバーの内側に虫除けのネットが張ってある場合が多く、そこに埃がたまって通気が悪くなっていたり、埃を含んだ空気を取り入れてしまっていることが少なくありません。時々ネットを取り出して水洗いをします。そうして、きれいな空気を取り入れるようにしましょう。
こうして外気取り入れ口を確保したうえで、換気扇を回しましょう。


空調についてのご相談は → kaitekimansion@toyogreen.net