マンション管理の東洋グリーン建物株式会社
東洋グリーン建物株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目17番41号 赤坂アネックス3F TEL:03-6862-7511
お問い合わせ
トップページへ戻る  

東洋グリーンのサービス   マンション管理の知識   マンションの住環境   生活カレンダー


マンションの住環境
  マンションの住環境トップページへ戻る 直前の部分へ戻る

空調(温度・湿度・空気)

健康的に梅雨を乗り切る

梅雨から夏へと湿気に悩まされる季節がまたやってきます。湿度は高すぎても低すぎても衛生環境に影響します。室内の湿度が60%を超えると、カビやダニの発生が心配です。逆に低すぎるとウイルスやバクテリアが繁殖しやすくなります。したがって適切な湿度は40〜60%とされています。人が快適さを体感するのもこの範囲と言われています。

空気は温度によって含むことができる水蒸気量が変わり、その温度の飽和水蒸気量に対する今含まれている水蒸気量を%で表わしているのが、私達が通常湿度と言っているものです。飽和水蒸気量は温度が高いほど大きいので、同じ水蒸気の量なら温度が高いほうが湿度は低くなります。

気温が低ければひんやりと涼しい気がすると思いますが、肌寒い梅雨の季節に、室内の温度を下げて快適さを得ようとするのは適切ではありません。
エアコンの除湿機能を活用し、温度はそのままに湿度を下げることで、室内を健康的に保つ工夫をしたいものです。

暑い日は除湿と併せて扇風機を利用するのもおすすめです。不快指数は温度と湿度を数式に入れて算出するものですが、これは無風の場合の数字であり、扇風機で不快指数が10下がるという研究もあります。梅雨の季節はエアコンで室温を下げる前に、除湿で、健康的に過ごす工夫をしたいものです。


エアコンのエアフィルターに付着したカビは風量を落とします。さらに風と一緒にカビが飛び散ることにもなります。定期的にフィルターの掃除をしましょう。