マンション管理の東洋グリーン建物株式会社
東洋グリーン建物株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目17番41号 赤坂アネックス3F TEL:03-6862-7511
お問い合わせ
トップページへ戻る  

東洋グリーンのサービス   マンション管理の知識   マンションの住環境   生活カレンダー


マンションの住環境
  マンションの住環境トップページへ戻る 直前の部分へ戻る

空調(温度・湿度・空気)

温度と湿度調節でダニ対策

温度20〜30℃、湿度60〜80%というのが、ダニが好む温度と湿度といわれます。梅雨の季節の室内はもっともダニの好む環境です。ダニの繁殖が盛んになる前にダニ対策をしましょう。

ダニは0.2〜1mm程度で、種類は多く、あらゆるところに生息しています。家に住むダニの代表的なものがチリダニやコナダニ、ツメダニですが、糞や死骸などがアトピー性皮膚炎やアレルギー性鼻炎のアレルゲンとなるとして昨今問題になっているのが、チリダニの仲間のヤケヒョウヒダニやコナヒョウヒダニという種類です。

カーペット、布団、ソファなどにいるダニを一掃するのはムリなことですし、またそれを壊滅するほど強力に薬剤を使用しては人体にもよくありません。ダニの量を測定する家庭用測定器も市販されていますが、丁寧に掃除をして清潔を保ち、温度・湿度管理に気をつけることが有効なダニ対策になります。

湿度が60%以下になるとダニの繁殖は止まります。湿度は通常は相対湿度のことをいい、「ある温度の空気中の飽和水蒸気量に対する水蒸気量の割合」で、気温と連動しています。湿度60%は、そのときの室温の飽和水蒸気量100に対して60%の水蒸気がある状態。温度が上がれば飽和水蒸気量も上がるので、もし水蒸気量が変わらないまま室内の温度を上げれば、湿度は下がります。逆に同じ水蒸気量で室温が下がれば湿度は上がります。このことから、夏季、冷房を入れて室温を下げているのに湿度管理を行わないと、ダニにとって快適な温度・湿度になりかねないことがわかります。十分な換気と湿度管理を心がけたいものです。

温度・湿度の管理と併せて、ダニのえさとなるカビや人間およびペットの皮膚の老廃物を室内から取り除くことが重要です。
まず、冬の間の結露で湿った押入や家具の後ろなどのほこりをしっかり取り除き、十分に乾燥させます。布団や枕は天日干し、あるいは乾燥機を使用して完走させます。布団類の天日干しはなるべくこまめに行いましょう。

室内はこまめに掃除機をかけることが重要です。ダニおよびダニの死骸を掃除機で吸い取るためには、ゆっくり時間をかけて丁寧に掃除機をかけます。


温湿度計は1000〜2000円で市販されています。家の中に置いておくと便利です。