マンション管理の東洋グリーン建物株式会社
東洋グリーン建物株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目17番41号 赤坂アネックス3F TEL:03-6862-7511
お問い合わせ
トップページへ戻る  

東洋グリーンのサービス   マンション管理の知識   マンションの住環境   生活カレンダー


マンションの住環境
  マンションの住環境トップページへ戻る 直前の部分へ戻る

空調(温度・湿度・空気)

冬の湿度の管理

冬は乾燥するから加湿が大切といいますが、外気の乾燥と屋内の乾燥は必ずしも同じではありません。家の中の湿度について考えてみます。

「湿度」は空気中に含まれる水蒸気の量を示します。

日常使っている湿度は相対湿度と呼ばれるもので、空気1立方メートルに含まれる水蒸気の量の、飽和水蒸気量に対する割合で、「%」で表されます。

湿度は温度と関係します。飽和水蒸気量は温度が高いと多くなり、温度が低いと少なくなります。

温度と湿度が合わさって、人が感じる快適さに影響します。温度が18〜24℃で相対湿度が40〜60%とされています。

湿度が低い状態すなわち乾燥していると、肌や目、咽喉などが乾燥し、またインフルエンザウイルスの活動が活発になることが大きな問題です。

冬の湿度対策は、加湿です。

夏の暑い時、冷房を強くして温度を下げるより、除湿して湿度を下げると涼しく体感されるように、冬季に暖房して温度を上げても湿度が低いと暖かく感じられず、加湿して湿度を上げると暖かく感じられます。

高性能の加湿器が普及していますが、水を入れた器を室内に置いたり、洗濯物を干しても効果があります。

加湿のし過ぎにも気を付ける必要があります。

家の中の湿度を上げる要因は人の呼気(吐く息)と、水を使う浴室や台所にあります。

閉め切って水蒸気を出すストーブを使用する場合も湿度が上昇します。さらに、加湿をし続けていると気づかないうちに湿度を上げてしまっていることがあります。

室温と外気との温度の差が大きくなると、窓などに結露が発生しやすくなります。

これを防ぐためには、室内の空気を流通させ、時折換気をします。換気は、風が通り抜けるように2カ所の窓を開放して効率よく短時間に行いましょう。

そして、温湿度計を使って室内の温度・湿度を計測する習慣をつけ、快適な状態に保つようにしたいものです。