マンション管理の東洋グリーン建物株式会社
東洋グリーン建物株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目17番41号 赤坂アネックス3F TEL:03-6862-7511
お問い合わせ
トップページへ戻る  

東洋グリーンのサービス   マンション管理の知識   マンションの住環境   生活カレンダー


マンションの住環境
  マンションの住環境トップページへ戻る 直前の部分へ戻る

空調(温度・湿度・空気)

室内の乾燥対策

適切な温度と湿度

この冬、関東地方は晴天続きで空気が乾燥しています。冬場の室内の快適温度・湿度の目安は、温度18℃〜24℃、湿度40〜60%とされていることが多いようです。湿度が高いほうが、体感温度は暖かく感じられます。

部屋を暖かくするためにエアコンをつけるという人は多いでしょう。加湿機能のないエアコンでは、室内の温度が上がると、湿度は逆に低下してしまいます。

湿度が40%未満の環境ではインフルエンザウイルスが活発化する、のどや皮膚が乾燥するなど健康リスクも高まります。一方、湿度が高いと、とくにマンションではダニやカビの発生が気にかかります。

加湿を適切に行って、室内を快適な温度・湿度に保つようにしましょう。

加湿器の利用

湿度計を見ながら加湿器を利用すれば、安定して湿度を保つことができます。

加湿器はタイプによって利用のしかたに注意が必要です。

水を加熱して蒸気を出すタイプ(加熱式・スチーム式・蒸気式)は、出てくる蒸気が衛生的という大きな長所がありますが、吹き出し口が熱くなることと、消費電力が大きいという欠点があります。

水で湿らせたフィルターにファンを当て、気化した風を送風するタイプ(気化式)は、穏やかで消費電力が少ないのが長所ですが、フィルターにカビが発生しやすいのが欠点です。

超音波で微粒子にした水をファンで送り出すタイプや、温風(加熱式)と送風(気化式)が切り替わるハイブリッドタイプもあります。

加湿器は、部屋の広さに合ったものを使うこと、部屋の真ん中の高めの場所に置くと効果が高くなります。

雑菌を含んだ湿気を送り出すことにならないよう、こまめに掃除をして、加湿器自体を清潔に保つことが大事です。

手軽な工夫

乾燥した日が続いて外気もカラカラに乾いているような時は、エアコンなどの暖房器具を使用中の室内に洗濯物を干すのも、加湿効果になります。

濡らしたバスタオルを広げて掛けてもいいでしょう。

観葉植物も水分を蒸発しているので、室内の加湿に貢献しています。本来、水やりは少なめにする植木鉢でも、土の状態をチェックしながら、やりすぎない程度にこまめに水やりをすれば室内の乾燥対策にもなります。