マンション管理の東洋グリーン建物株式会社
東洋グリーン建物株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目17番41号 赤坂アネックス3F TEL:03-6862-7511
お問い合わせ
トップページへ戻る  

東洋グリーンのサービス   マンション管理の知識   マンションの住環境   生活カレンダー


マンションの住環境
  マンションの住環境トップページへ戻る 直前の部分へ戻る

自分でできる家の手入れ

家具の地震対策

地震が起こると家具が倒れてきたり、棚の中のものが飛び出して、大変危険です。丈が高く奥行きの浅い収納家具は特に倒れやすいもの。転倒防止策を立てておきたいものです。家庭でできる家具の地震対策をいくつか紹介します。転倒防止対策を専門業者に依頼することもできますが、ホームセンターなどには便利なグッズが揃っています。かんたんにできることから始めてみるとよいでしょう。

食器棚やタンスなど丈の高い収納家具は突っ張り棒やL型金具を使って、2か所を壁や天井に固定します。上下2段に分かれているものは、連結金具で止めます。
突っ張り棒は、家具の枠組みの硬い部分に当てます。家具の上部の薄いベニヤ部分では、衝撃で破れたり、外れたりすることがあります。
また、家具の底部の前面だけにクサビ状のものを挟み込んで、家具の上方がわずかに仰向け気味になるようにすると多少安定がよくなります。さらに棚に収納する際、できるだけ棚の下のほうに重いもの、上のほうに軽いものを置くようにするように工夫しましょう。

家具本体を固定するだけでは不十分です。収納家具の中身が飛び出してこないように、対策が必要です。扉が開き扉なら、ストッパーを取り付けます。収納扉がガラスの場合は、割れてもガラス破片が飛び散らないよう飛散防止フィルムを貼っておきます。 本棚は、ゴムバンドを使って中身が棚からこぼれ落ちないようにしておきます。

冷蔵庫のような大型で重量のある電気製品も固定する必要があります。専用の転倒防止用具を使って固定します。

家具の固定と同時に、寝室には丈の高い家具は置かないなど、家の中の安全な空間を確保することも大切です。トイレは柱が多いので安全スペースです。


家具類を、コンクリート壁面柱と柱の間の薄い壁面に固定したい場合は、少し大変です。壁面に孔をあけて補強材を取り付けたり、柱と柱の間に補強材を渡したりしなくてはなりません。しろうとでは手に負えない場合は専門家に依頼します。