マンション管理の東洋グリーン建物株式会社
東洋グリーン建物株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目17番41号 赤坂アネックス3F TEL:03-6862-7511
お問い合わせ
トップページへ戻る  

東洋グリーンのサービス   マンション管理の知識   マンションの住環境   生活カレンダー


マンションの住環境
  マンションの住環境トップページへ戻る 直前の部分へ戻る

自分でできる家の手入れ

排水管のゴミ除去

マンションで排水口があるのは、キッチンのシンク・浴室・洗濯機防水パンです。
キッチンのシンクや浴室の排水口は、ゴミを流さないように金網や目皿で防いでいます。目皿は1日1度は掃除をしてゴミが詰まらないようにしましょう。

また、排水口の下はワントラップまたはS字型トラップになっていて、底部に固形物が残るように設計されています。ここにたまるゴミはぬめりや異臭の原因です。定期的に開けて掃除をします。

キッチンでは避けられない油汚れですが、シンクから排水とともに流されると配水管の内壁に付着します。付いてしまった油汚れを落とすには、市販のパイプクリーナーが有効です。パイプクリーナーは浴室の排水管の詰まりの主原因である髪の毛にも有効です。
パイプクリーナーには塩素系と苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)系があります。苛性ソーダ系のほうが強力ですが、それだけ取り扱いには注意が必要です。直接手に触れないようにしましょう。

油汚れは長期間放置すると固まってクリーナーでは落ちなくなってしまいます。汚れの上に汚れが重なって固まると、排水管の内側が細くなり、流れが悪くなります。こうなった場合は本格的に排水用ワイヤーブラシで清掃しなくてはなりません。
ワイヤーブラシは長いワイヤーの先にブラシが付いていて、ワイヤーを繰り出して排水管の深くまで差し込み、固まった汚れを掻き落とします。ワイヤーブラシは操作が難しい上に、市販されている家庭用のものは専門業者の使うものよりワイヤーが短くブラシも柔らかいのが欠点です。
汚れがひどい時は専門家の力を借りることになります。専門の排水管清掃では、ワイヤーブラシや高圧洗浄法を用います。

新しいマンションでは、ディスポーザー方式をとっているところもあります。その場合はキッチンの排水管は、浴室やトイレとは別になっています。シンクの排水口がディスポーザーになっていて、生ゴミがたまったら、フタをするなどの処置でスイッチを入れ、生ゴミを破砕し、排水と一緒に流します。破砕した生ゴミは各戸からマンション敷地内の処理槽に集められ、微生物による分解処理を済ませてから下水に流します。
ゴミ量を削減し、下水に流す前に浄化処理をすることで水質汚染も防いでいるということで、環境によいシステムとして推進する意見もあります。


なによりも、排水管にゴミを流さないようにすることが大切です。天ぷらなどに使った廃油を下水に流すのは絶対に避けましょう。
キッチンや浴室の排水口のゴミはそのつど取り除くことを心がけ、手の届く限り、排水口の清掃に努めましょう。
なお、マンションでは各戸の排水管は、次々と合流していきます。マンホールや側溝などの清掃は、管理会社との管理契約の際に清掃回数を取り決めて、委託するのが一般的です。