マンション管理の東洋グリーン建物株式会社
東洋グリーン建物株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目17番41号 赤坂アネックス3F TEL:03-6862-7511
お問い合わせ
トップページへ戻る  

東洋グリーンのサービス   マンション管理の知識   マンションの住環境   生活カレンダー


マンションの住環境
  マンションの住環境トップページへ戻る 直前の部分へ戻る

家の手入れ(専門家編)

インテリアデザインとしての照明

室内全体を明るくすることが照明の第一の目的ですが、室内の雰囲気づくりにも照明は欠かせないものです。

基本的に、読書や針仕事には室内全体が明るいほうが望ましく、部分照明は、全体より強調したい箇所にスポットを当てたい時に用いるものととらえるほうがいいでしょう。

雰囲気をガラリと変える照明器具。既成のものを買ってきて交換するだけでも違います。天井に丸型や角型の引掛けコンセントが付いていれば、ほとんどの照明器具がカンタンに取り付けられます。

■配線ダクトレール
もうひとひねり、とお望みなら、天井に配線ダクトレールを取り付けるのはどうでしょう。
引掛けを起点に自分で取り付けられる簡易型もありますが、ちょっと電気工事をすることで、好きな位置に長くレールを取り付けて、さまざまなライティングを楽しむことができます。
レール上に、いくつかスポットライトを付けたり、ペンダントを下げて部分照明をすることも可能です。

■ブラケット
壁に取り付けるブラケットには、装飾性の高い照明器具が多く楽しめます。手軽な間接照明としても適しています。壁にブラケットを取り付けるには、壁の中に配線工事が必要です。コンセントから電源を取る壁掛け用ライトも、種類は多くありませんが出ています。

■リフォームで間接照明
電気工事だけではなくリフォームをして、木や不燃性の素材でボックスをつくり、間接照明を行うこともできます。光源の大きさに比して明るさは落ちますが、柔らかな光を演出できるのが魅力です。


天井に埋め込むダウンライトや天井に取り付けるシーリングライトは室全体を明るくします。この基本的な照明を踏まえた上で、スポットとして、レールで遊びごころを加えたり、ブラケットでムードを出すのがよい方法です。
電気工事を自分でやるのは危険です。引掛けを移動したい場合は、必ず専門家に依頼しましょう。