マンション管理の東洋グリーン建物株式会社
東洋グリーン建物株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目17番41号 赤坂アネックス3F TEL:03-6862-7511
お問い合わせ
トップページへ戻る  

東洋グリーンのサービス   マンション管理の知識   マンションの住環境   生活カレンダー


マンションの住環境
  マンションの住環境トップページへ戻る 直前の部分へ戻る

家の手入れ(専門家編)

畳の新調

畳を新しくできたら、それはちょっとしたぜいたく。真新しい畳は、肌触りが気持ちよいばかりか、気分も引き締めてくれます。職人さんの手が空く2月や3月ごろを狙って畳替えを検討するのもよい手です。

畳は、「床(とこ)」に「畳表(たたみおもて)」を張り、「縁(へり)」で押さえるという構造になっています。「畳の新調」と言った場合、厳密には畳を全部取り替えることになります。けれど、床は大切にすれば20年もたせることができるもの。実は畳替えには、「裏返し」「表替え」「新調」の3つの選択肢があります。

畳がでこぼこになってきたり、油などが染み込んで中まで汚れていたりしない限り、床を新しくする必要はありません。床は「わら床」と「建材床」(化学ボード)があり、わら床のほうが高価です。

「裏返し」というのは、現在張ってある「表」を裏返して張り直すだけです。縁は新調します。あまりひどく擦り切れてしまってからでは、裏返しはできません。新品からせいぜい3年以内に裏返します。裏返して4〜5年経ったら、今度は「表替え」をします。

「表替え」は、床に張ってある「表」を、新しいものに張り替えることです。「縁」も当然新調します。
「表替え」をする場合は、表を選ぶことができます。主流はもちろんイグサですが、紙を材料にしたものや、ビニールを用いてカラフルにデザインしたものもあります。

同じイグサでも、国産イグサ、中国産イグサ、琉球表に使う三角イグサなどの種類があり、そしてそれぞれに等級があります。減農薬のものなどもあります。
イグサ、綴る縦糸、製法によって質が異なります。琉球表はたいへん高価なので、目積表という加工法によって琉球表と同じように縁なしで使う「表」が開発されて、人気を博しています。

「表」および「縁」の価格と手間賃が、畳を新しくする際に必要な費用になります。「裏返し」であれば、1畳当り3000〜5000円ですが、「表替え」となると表の価格によって7000〜8000円程度のものもあれば、2〜3万円のものもあり、さまざまです。

ごく一般的な「新調」価格は、建材床に国産イグサ中級品の表を張ったもので、1万〜1万5000円が目安です。
専門業者に畳替えを依頼する場合、朝、畳を引き取ってもらえば、夕刻までに新しくして持ってきて納めてくれます。2間くらいなら1日で終了します。


わら床は天然素材のよさがあり、クッション性に優れています。よいものは30年40年の耐久性もあります。ただし建材床が人気があるのは、安価ということだけではありません。ダニなどの害虫が発生しにくいことと湿気に強い点が魅力です。畳は伝統的なものですが、新しい技術を取り入れた長所もあることを考慮したいものです。