マンション管理の東洋グリーン建物株式会社
東洋グリーン建物株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目17番41号 赤坂アネックス3F TEL:03-6862-7511
お問い合わせ
トップページへ戻る  

東洋グリーンのサービス   マンション管理の知識   マンションの住環境   生活カレンダー


マンションの住環境
  マンションの住環境トップページへ戻る 直前の部分へ戻る

防災の備えA地震災害に備えて:防犯・防災・安全

地震発生における災害をできるだけ避けるためには、日ごろからの備えが大切です。各戸でできる備えは住民それぞれが、マンションで連携が必要なことは理事会で検討を進めていきましょう。

各戸の備え

家具や電化製品の配置

大地震が発生すると、大型家具や重い電化製品が倒れたり落下したり、あるいは横滑りに動いたりすることがあります。

独立の収納スペースを定めて、家具を寝室や居間、食堂に置かなくて済めばそのほうが、安全な空間確保になってよいのですが、頻繁に使うものはそうもいきません。

万一の時に、人に危険が及ばないことはもちろん、部屋の出入り口や廊下が塞がれないように考えて配置します。大きな家具の転倒だけでなく、分厚いじゅうたんなどが邪魔をする場合もあります。

引き出しの飛び出しや本棚の本の崩落を予想して配置する方向を考えます。

家具等のレイアウトは大きな重いものを高い位置に置かないようにします。家具の中も、下の方に重いものを入れると安定がよくなります。

電化製品も落下の危険がない場所や、落下しないように固定して配置します。

また、ストーブなど転倒や落下により発火の恐れがあるものはとくに気を付けて置き場所を確保します。

家具などの固定

設置した家具類は、次のような転倒・落下・移動防止対策を行います。

  • 家具と壁を木ネジとボルトで固定する(たんす、本棚など)
  • ポール式器具で家具と天井の隙間に突っかえ棒をする(たんす、本棚など)
  • 粘着シートで家具の底面と床面を密着させる(テーブル、ソファなど)
  • 吊下げ器具とは別にチェーンやワイヤーで二次的に吊り下げる(照明器具)
  • ガラスには飛散防止フィルムを貼る(食器棚、窓など)

マンション全体の備え

地震発生時の行動ルール

いつ起こるかわからない地震に備えたマンション内のルールを、日ごろから守ることを徹底することが非常に重要です。

  • マンション内の災害発生時の避難路に物を置かない、各戸のベランダの避難はしごや避難の際に破る仕切り等を物で塞がないことは基本です。
  • エレベータ内で地震が発生した場合、エレベータはどのように作動するか(最寄り階で停止して出られるなど)を確認し、周知徹底します。
  • 地震発生時は、エレベータが作動していても利用を避けるほうが安全であることを周知します。

ルールは自分の家のためだけではなく、住民全員の安全確保に関わる責任の重い事項だという認識を徹底するために、繰り返し周知します。

地震発生時のネットワーク

日ごろから、地域の避難場所、避難場所への道路について告知を徹底します。

住民の地震発生時の安否確認ネットワークをつくっておきます。

地域の避難場所に滞在を余儀なくされる場合に備えて、マンション住民の交流を図っておきます。

避難に介助が必要な人とは、あらかじめ連絡を取る人を決める、介助して非難する方法とその時必要な用具を備えるなど、予想される事態に備えます。

マンション全体での備蓄

マンションでの備蓄を行うかどうかを検討します。

毛布、テント、工具類等、建物として必要となるものを備品として保管します。

水、食料等は、マンションで全戸分を備蓄するのは難しいことです。各戸の備蓄を呼びかけます。