マンション管理の東洋グリーン建物株式会社
東洋グリーン建物株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目17番41号 赤坂アネックス3F TEL:03-6862-7511
お問い合わせ
トップページへ戻る  

東洋グリーンのサービス   マンション管理の知識   マンションの住環境   生活カレンダー


マンションの住環境
  マンションの住環境トップページへ戻る 直前の部分へ戻る

防災の備えD避難訓練 誘導と避難

災害に備えて、マンションが行う防災訓練の中でも、特に実践が大変で、だからこそ多くの人が参加することが望ましいのが避難訓練です。

災害発生時のアナウンス

マンションの管理員室等から避難を促すアナウンスができる場合は、実際にアナウンスを行います。非常サイレンが鳴る場合は、実際に鳴らします。いずれも訓練であることをマンション外部にも伝わるようにアナウンスします。

地上へ下りる

ガスの元栓を閉める、ブレーカーを落とす等の処置をして自宅を出ます。両隣や、同じフロアの住人、とくに高齢者宅等に声を掛け合います。

号棟やフロアごとに担当理事を置いている場合は、担当理事は、住人の避難状況を確認し、住人の避難状況を安全確認シートに記入するとともに、玄関先に避難済ステッカーを貼るなどして、避難状況を周囲に知らせるようにします。

階段を利用して地上へ下ります。自力で避難できない人を想定して、担架を使って運ぶ訓練などを実施しておくといざというときに役立ちます。

避難場所へ移動する

そのまま、地域の避難場所へ移動します。移動経路は、ハザードマップに従います。

到着したらマンションの号棟ごともしくはフロアごと等、予め組織したチームごとに点呼を取り、体調が悪い人がいないか等を互いに気遣います。

安全確認情報の集中

各理事が集めた安全確認シートの記録と、避難場所到着後の点呼による安否確認記録は、総責任者の元に集めておくと、万一の災害の長期化や更なる災害発生の場合の救援活動要請に役立ちます。

訓練の検証

  • 避難指示が出たことが全住居に伝わっていたか
  • アナウンスや非常サイレンの作動に問題はなかったか
  • 避難場所までの経路に問題はなかったか
  • 避難の誘導や搬送に問題点はなかったか
  • 避難にかかった時間はどのくらいだったか

などを検証して、問題点が見つかれば、改善に取り組みます。

避難場所まで移動する訓練は、なかなか真剣になれないものですが、声を掛け合ったり、一緒に行動することでマンション住民間に顔見知りが増える大きな機会です。こうした機会を大切に活用したいものです。