マンション管理の東洋グリーン建物株式会社
東洋グリーン建物株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目17番41号 赤坂アネックス3F TEL:03-6862-7511
お問い合わせ
トップページへ戻る  

東洋グリーンのサービス   マンション管理の知識   マンションの住環境   生活カレンダー


マンション管理の知識


マンション管理Q&A


Q&Aトップページへ戻る 直前の部分へ戻る



マンション管理関連の規定や規則について

分譲マンションにはペットを飼ってよいマンションといけないマンションがありますが、どうやって決められているのですか。
   
民法の「区分所有法(正式名は建物の区分所有等に関する法律)」によって、分譲マンションの各住戸は区分所有権の目的である建物の部分(専有部分)と定められています。区分所有者(マンションを買った人)は、区分所有権に基づいて、自分の住戸を自由に使用、収益あるいは処分する権利を有しています。そして、ペットの飼育は、この自由に使用する権利の範囲内であると考えられています。

しかしながら一方で、区分所有法は「共同の利益に反する行為の禁止」も定めています。また、管理または使用に関する区分所有者相互間の事項は、法律で定めるもののほかに、「管理規約」で定めることができると定めています。
つまり区分所有法で認められている権利でも、他の区分所有者に影響を及ぼすおそれのある専有部分の使用方法については、「管理規約」で規制できるわけです。ペット飼育の問題は専有部分の使用方法について、区分所有者相互間が調整すべき事項としてとらえられているのです。

国土交通省が示すマンションの管理規約の標準モデルである「マンション標準管理規約」では、「犬、猫等のペットの飼育に関しては、それを認める、認めない等の規定は規約で定めるべき事項である」として、ペット飼育を禁止する場合の規約と、容認する場合の規約の例を掲示しています。

以上でおわかりのように、マンションの管理組合の規約によってペットを飼ってもよいとするか、禁止とするかを定めているのです。したがって、可・不可は、管理組合員である居住者全体の合意に基づいて、マンションごとに決まります。