マンション管理の東洋グリーン建物株式会社
東洋グリーン建物株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目17番41号 赤坂アネックス3F TEL:03-6862-7511
お問い合わせ
トップページへ戻る  

東洋グリーンのサービス   マンション管理の知識   マンションの住環境   生活カレンダー


マンション管理の知識


マンション管理Q&A


Q&Aトップページへ戻る 直前の部分へ戻る



組合理事・管理士について

一昨年、築10年のマンションを購入して引っ越してきた住人です。今春から管理組合の理事になってほしいといわれました。これまで管理組合の理事は2年ごとに順番に当たっていて、今年は私の住戸が当番に当たるというのです。管理組合のために働くのがいやだというわけではないのですが、まだ住んで日が浅いので理事になるのは不安です。
   
管理組合の理事職(役員)は、マンションができて最初の入居のときから、はじめの10年、20年は、誰でも初めて体験するということがほとんどですから、番がまわってきたら、よほどの事情がない限り引き受けるのが原則です。
管理組合の仕事は、個々のマンションの状況によってまた年度によって一様ではありませんが、必ず複数で理事会を構成するので、ひとりに責任や負担がかかるものではありません。とはいえ理事長、副理事長、会計担当理事は任務が重くなります。
国土交通省が示しているマンション標準管理規約は「役員は、法令、規約及び使用細則その他細則並びに総会及び理事会の決議に従い、組合員のため、誠実にその職務を遂行するものとする」(第37条)と規定しています。“組合員のため”“誠実に”という点を肝に銘じて任期を務めたいものです。