マンション管理の東洋グリーン建物株式会社
東洋グリーン建物株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目17番41号 赤坂アネックス3F TEL:03-6862-7511
お問い合わせ
トップページへ戻る  

東洋グリーンのサービス   マンション管理の知識   マンションの住環境   生活カレンダー


マンション管理の知識


マンション管理Q&A


Q&Aトップページへ戻る 直前の部分へ戻る



マンションの保険について

マンションに住んだらマンション用の損害保険に加入するのがいいと聞きました。個人で加入するのでしょうか、管理組合が加入するのでしょうか。
   
マンション入居者が個人で加入する保険と、管理組合が管理組合として加入する保険はまったく違うものです。

入居後どのような保険に加入するかは個人の任意です。いわゆる団地保険は、マンション居住者向けの保険商品ですが、どういうかたちで保険に加入するかは個人の判断になります。
一般に団地保険とは、集合住宅で起こる可能性の高いトラブルを想定した保険で、@物保険、A費用保険、B傷害保険、C賠償責任保険、の4つがセットされているものを指します。
@物保険=自然災害や事故などで家財等の物品に損害をこうむった場合に適用されます。
A費用保険=災害や事故の後片付けや臨時出費の費用が補償されます。
B傷害保険=マンション敷地内での事故や火災で受けた傷害に対する補償があります。
C賠償責任保険=保険契約者本人や家族が、第三者に損害を与えた場合の損害賠償をします。例えば階下に水漏れ被害を与えた場合やベランダから物を落として通行人にけがを負わせたなどの場合に損害賠償する金額が保険で支払われます。

一方、共用部分を対象に、管理組合が契約する保険もあります。「マンション総合保険」「積立マンション保険」などの名称で管理組合を対象にした損保商品が発売されています。管理組合が損害をこうむった場合の補償をしたり、積立金の運用を兼ねた保険商品です。