マンション管理の東洋グリーン建物株式会社
東洋グリーン建物株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目17番41号 赤坂アネックス3F TEL:03-6862-7511
お問い合わせ
トップページへ戻る  

東洋グリーンのサービス   マンション管理の知識   マンションの住環境   生活カレンダー


マンション管理の知識


マンション管理Q&A


Q&Aトップページへ戻る 直前の部分へ戻る



大規模修繕や改修について

管理組合の総会で、修理費というのは、毎年支出している分と、大規模修理のために積み立てている分とがあることを知りました。大規模修理は何年頃にやらなくてはならないのでしょうか。
   
竣工時はすばらしいマンションも10年もすると、大気や太陽の光、風雨にさらされて、だんだんと色あせてきます。これを経年劣化といいます。平均的には5〜6年で共用部分の手すりの塗装をし直します。外壁や屋上の露出防水など、大規模な修繕工事は10〜12年周期で行います。
こうした手入れをすることによって、建物の安全性と美しさを保ち、快適な住環境を保持します。それは結果的に資産価値をあげることにもつながります。
管理組合は、管理会社に定期的な建物の点検と保全を委託します。管理会社では鉄部の塗装や、大規模な修繕が必要な時期が近づいたら、建物全体の劣化度の調査を行い、修繕計画を提案してきます。どの程度の修繕工事をどんな方法で行うかは、管理組合が決定し、工事費の算出、工期、資金手当てなどを検討します。