マンション管理の東洋グリーン建物株式会社
東洋グリーン建物株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目17番41号 赤坂アネックス3F TEL:03-6862-7511
お問い合わせ
トップページへ戻る  

東洋グリーンのサービス   マンション管理の知識   マンションの住環境   生活カレンダー


マンション管理の知識


マンション管理Q&A


Q&Aトップページへ戻る 直前の部分へ戻る



大規模修繕や改修について

管理組合の理事をしています。私たちのマンションは来秋築後10年を迎えるので大規模修繕工事を予定しております。理事としてどのような点に気をつけたらいいでしょうか。
   
マンションの資産価値を維持し、快適なマンションライフをおくるためには、定期的なメンテナンスをしなければなりません。マンションの鉄部塗装は5〜6年、大規模修繕はだいたい10〜12年の間隔で行われ、30年ぐらいになると設備関係の更新時期に入ってきます。
鉄部塗装や大規模修繕の折に管理組合として気をつけること。なんといっても自分たちの住む建物の現状をよく見て、どのような所に問題点(修繕しなければならない所)があるのかを把握しておくことです。住んでいても建物をじっくりと点検することなどはほとんどないと思います。こんな機会に管理会社の建築技術者などの説明を受けながら、居住者の方々と一緒に見て回ることをおすすめします。
実際の工事の取り組みについては、修繕計画、工事の発注、施工など大変に複雑で手間がかかります。管理会社や信頼のおける建築事務所などの力を借りることが、結局、工事を成功に導く近道だと思います。
工事が始まると、居住者の方々は、足場のための採光不足、騒音、ほこり、臭気など思わぬ不便を感じてきます。また、盗難などの事故が起こりがちです。事前に説明会などを開催して、工期、足場のかけ方、使用する建材、施工方法などを居住者の方々によく理解しておいていただくことが、大規模修繕工事をスムーズに進めることにつながります。